中国開催予定の世界卓球団体戦、4月から9月末へ延期が決定

中国開催予定の世界卓球団体戦、4月から9月末へ延期が決定

中国開催予定の世界卓球団体戦、4月から9月末へ延期が決定の画像

国際卓球連盟(ITTF)は25日、4月に中国の成都で開催予定だった卓球の世界選手権・団体戦の開催を、9月に延期することを発表した。

世界卓球が延期

ITTfは、新型コロナウイルスオミクロン株の急速な拡大に歯止めがかからない状況を鑑み、中国卓球協会と開催都市である成都市と協議。その結果、2022年の世界選手権の開催を当初予定されていた4月17日〜4月26日の日程を9月に延期することを決定した。なお、延期後の大会日程は9月30日〜10月9日となっている。

世界選手権日本代表には、現在伊藤美誠(スターツ)と戸上隼輔(明治大)が内定。また、3月5日、6日に開催される「LION CUP TOP32」の優勝者も世界選手権代表に選出されることが決まっている。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)