戸上隼輔「チャレンジャー精神が欠けていた」同世代に惜敗<卓球・LION CUP TOP32>

戸上隼輔「チャレンジャー精神が欠けていた」同世代に惜敗<卓球・LION CUP TOP32>

戸上隼輔「チャレンジャー精神が欠けていた」同世代に惜敗<卓球・LION CUP TOP32>の画像

<2022 LION CUP TOP32 日時:3月5日〜6日 場所:アリーナ立川立飛>

5日、アリーナ立川立飛にて、LION CUP TOP32が開幕した。

男子シングルス2回戦で、戸上隼輔(明治大)は篠塚大登(愛工大名電高)と対戦。先に3ゲームを奪われる苦しい状況の中、何とかフルゲームまで粘るも、最終第7ゲームは篠塚が制し、戸上はゲームカウント3-4で敗北。パリ五輪を目指す戸上にとって、苦しい船出となった。

試合後、戸上が報道陣の取材に応じた。

戸上隼輔コメント

今日の敗因は

本当にいろんな要因があるんですけど、まず一つは精神的に、立ち向かうチャレンジャー精神が欠けていたっていうのは思っていて。攻撃に行きたい中で、なかなか自分のポイントを見出せなくて。それがずっと引っかかってた部分で、それが終始頭の片隅に残ってしまって。競ったゲームに関しても、そこで発揮できなかったなって思います。

全日本王者という肩書にプレッシャーは感じていたか

そうですね、本当に試されてるなってのは感じてました。この苦しい中で勝ち上がれるのが、全日本で勝ち上がれる選手なんだなと。苦しい中でも我慢したんですけど、負けてしまったので、それは変わりないのかなと思います。

パリ五輪世代と言われることにプレッシャーは感じたか

そうですね、やっぱりプレッシャーは感じます。東京五輪が終わった翌年に全日本で優勝して期待も背負っている分、自分が試合を楽しみたいと思うんですけど、どこか空回りしてしまったりっていうのが非常に多かったかなと。

改めて国内で勝つ難しさは感じたか

そうですね。本当は今回優勝して、「自分がもう一回引っ張る」って言いたかったんですけど、同世代に負けてしまったので。今は少し、強気な発言というのも立場的に控えたいと思います。

篠塚選手にやりにくさを感じていた?

いや、一切なかったです。何度も試合をしていて、一度高校のときに負けたんですけど、それから何度も試合をしていて競ることはあったんですけど、やりづらいっていうのはなかったです。

この経験を今後の選考会にどう活かしていくか

今回第1回が行われて、これから第6回まで2年かけてある中で、今年幸先のいい準備をしたなとは思っていたんですけど、そんな簡単じゃないなとは身に染みて感じましたし、次からはもっとしっかりとした準備をしていきたいなと思います。

男子シングルス2回戦結果

戸上隼輔 3-4 篠塚大登〇

7-11/11-8/6-11/11-9/9-11/11-4/8-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)