石川佳純「体力、タフさが必要」無念の負傷棄権で6位も前向き<卓球・LION CUP TOP32>

<2022 LION CUP TOP32 日時:3月5日〜6日 場所:アリーナ立川立飛>

6日、第1回パリ五輪選考会となるLION CUP TOP32の2日目、女子シングルスで石川佳純(全農)が順位決定戦に臨んだ。

5日の準々決勝で早田ひな(日本生命)に敗れた石川。5〜8位決定戦では平野美宇(日本生命)にゲームカウント0-3から大逆転勝利を収めるも、その試合中に足首を捻挫。続く5-6位決定戦で伊藤美誠(スターツ)との戦いに臨んだが、試合途中で棄権。6位で大会を終えた。

試合後、石川が報道陣の質問に答えた。

石川佳純コメント

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部
写真:平野美宇との試合で足を痛めた石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

(伊藤美誠選手との試合は)1ゲーム取った後、棄権しましたが

足が動かなくて。動かないと厳しい試合で、なかなかプレーができないかなという感じです。(前の試合の平野美宇選手との試合で)戻るときに足を外側にひねった感じです。体重が乗っちゃって、結構痛かったんですけど、今は大丈夫です。

でも試合には入りました

とりあえずコートには立とうと思って来たんですけど、(プレーしてみて)ちょっと厳しいかなと。

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部
写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

前の平野選手との試合は、足を痛めてからコートに戻って勝利しました

なんとか気合で乗り切りました。

その痛めた瞬間はどんな感じだったんでしょうか

短いレシーブから戻ろうとしたときに、うまく足が着いてなくて外側にひねってしまいました。

昨日(の敗戦)からの気持ちの切り替えはうまく行ったのでしょうか

身体はやっぱりすごく疲れていて、3試合したので筋肉痛だったんですけど、気持ちとしては(昨日の試合の内容は)良い部分もあったので、そんなに落ち込むことはなく、頑張ろうと思っていました。

7ゲームマッチが1日3試合続く選考会の形式は身体的には大変ですか

そうですね。海外の試合だとシングルス3試合はなかなかないのと、(選考会は)厳しい試合が続くので。そこを勝ち抜いていく体力、タフさが必要だなと感じています。

この先について

今回、内容も精神面も、成長できているなと手応えを感じる部分も多かったので、もっとレベルアップしたいと思いました。今回の試合はいろんな戦型のハイレベルな選手とたくさん試合ができて、すごく嬉しかったです。

グランドスマッシュシンガポールについては予定通り参加しますか

試合は11日からなので、たぶん大丈夫だと思います。国際大会も最近はあまり無くて貴重な機会なので、リラックスして自分の力を全て出しきれるように、しっかり準備をしてコートに立ちたいと思います。

石川佳純、大会2日目結果

5〜8位決定戦

〇石川佳純 4-3 平野美宇(日本生命)
7-11/7-11/8-11/11-1/11-7/11-6/12-10

5-6位決定戦

伊藤美誠 L-W 石川佳純(全農)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)