3位の横谷晟 海外修行で芽生えた覚悟「日本で甘えてたらダメだ」<卓球・LION CUP TOP32>

<2022 LION CUP TOP32 日時:3月5日〜6日 場所:アリーナ立川立飛>

6日、第1回パリ五輪選考会となるLION CUP TOP32の2日目、男子シングルスで横谷晟(よこたにじょう・愛知工業大)が3位に入った。

準決勝の張本智和(木下グループ)にはゲームカウント0-4で敗れたものの、3位決定戦では丹羽孝希(スヴェンソンホールディング)に打ち勝ち、嬉しい3位入賞となった。横谷はドイツ・ブンデスリーガ2部で腕を磨いており、2021/22シーズンはシングルス7勝3敗、ダブルス4勝2敗の成績を残している。

試合後、横谷が報道陣の質問に答えた。

横谷晟、試合後のコメント

写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

世界選手権代表について

いまいち実感が湧いてないんですけど、ここを乗り越えられたのは大きいものがあったなと感じます。

通過するためにこの予選に出たんですけど、自信もなかったので厳しいかなとも思っていて、それがかえって一戦一戦戦うという気持ちに繋がったのかなと思います。

これまで日本代表経験は?

写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:横谷晟(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

JNT(ジュニアナショナルチーム)には入っていて、高2から高3にかけてもNT(ナショナルチーム)候補にも入っていたんですけど、大学入るタイミングで外されてから大学生活がスタートしたので、悔しい思いというか、いつか盛り返そうという気持ちはありました。

パリ五輪への意識は

今回いいスタートが切れたので、目指せる位置かなと思えたし、自分の卓球が通用するんだと自信にもなりました。この大会の中で、世界選手権に出場させてもらえることになったので、より自覚や責任を持っていかないとな感じています。

海外リーグの経験

今年の夏〜冬も行っていて、日本と違う国なので、当たり前のことが当たり前じゃないとか、日本に甘えてたらダメだなとか、そういう意味で学びに行こうと自分で決断しましたし、気持ち的には得られるものがあったのかなとは今思いますね。

練習環境もありますし、交通の便やごはん、文化も違うので、慣れていくのにも時間がかかるので。

今の課題は?

張本選手のときもそうだったんですけど、競った場面で一歩引いてしまう場面があったので、あの試合があったからこそ今の試合は切り替えてできたので、そういうところをいろんな大会を経て、経験していきたいなと思っています。

手応えが合った部分は?

バックハンドでも張本選手相手でも通用したなと感じましたし、自分の持ち味はフォアだと思っているので、回り込みは通用するなと感じました。バックでも勝負になれたので、もっとできるなと感じました。

世界選手権への意気込み

しっかり与えられた時間の中で自分のレベルアップを求めていって、自覚をもって更なるレベルアップをした上でそこから世界選手権に挑みたいという風に思っています。

横谷晟、大会2日目結果

準決勝

横谷晟 0-4 張本智和(木下グループ)〇
11-13/8-11/12-14/9-11

3位決定戦

〇横谷晟 4-2 丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)
12-10/5-11/10-12/11-5/11-6/11-7

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)