張本智和、涙のV「次は世界やアジアの歴史を変えられるように」<卓球・LION CUP TOP32>

<2022 LION CUP TOP32 日時:3月5日〜6日 場所:アリーナ立川立飛>

6日、第1回パリ五輪選考会となるLION CUP TOP32の2日目、男子シングルス決勝が行われ、張本智和(木下グループ)が及川瑞基(木下グループ)にゲームカウント4-2で勝利し、優勝を飾った。今大会で張本は、2022世界選手権大会代表、2022アジア競技大会シングルス代表の座を手にしたとともに、パリ五輪シングルス選考ポイントを50ポイント獲得した。

攻めの姿勢を貫いた張本がV

男子シングルス決勝には、張本と及川が勝ち上がってきた。

張本智和
写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

及川には2年前の全日本選手権で敗れていた張本だが、この試合では序盤から積極的な攻撃を仕掛け、第1、第3、第4ゲームを制して勝利に王手をかける。続く第5ゲームは及川に取り返されるも、第6ゲームを競り勝ち、ゲームカウント4-2で勝利。

張本は第1回のパリ五輪選考会で堂々の優勝を飾り、ベンチに戻ったあとは涙を見せる場面もあった。

張本智和 会場での優勝コメント

今の気持ちを振り返って

東京五輪が終わってから自分にとって苦しい時期が長くて、途中でケガとかもあって、本当に苦しい1年、2年だったんですけど、こうしてシングルスのタイトルを取れて、安堵感があります。

決勝の相手は同じチームの及川選手だったが

同じチームで毎日練習を共にしていて、お互いのすべての技術に慣れているので、サービスやレシーブも効かない。その中で、いろいろ効かせようと工夫をして試合に臨みました。

この大会での手応えは

ここ1、2年で一番いいと思いますね。やっと自分の立ち位置を低く持って、相手に向かっていけるプレーができているので。この感覚も本当に久しぶりですし、懐かしい気持ちでした。

今後に関して

代表権が目標ではあったんですけど、自分のプレーができたことは本当に嬉しいです。世界選手権の代表権を勝ち取れたので、日本代表として恥じないように次は世界やアジアの歴史を変えられるように頑張りたいと思います。

ファンにメッセージをお願いします

いつもたくさんの応援をありがとうございます。自分が苦しい時期でも変わらず応援してくださるファンの方を、僕は忘れないです。最大限の感謝をしたいですし、僕の長い卓球人生を一緒に応援していただけたらなと思います。もっともっと頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。

男子シングルス決勝結果

及川瑞基
写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

〇張本智和(木下グループ)4-2 及川瑞基(木下グループ)
11-8/9-11/11-5/11-7/5-11/11-8

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)