4位の丹羽孝希「重要な大会を見極めて照準を合わせて頑張っていく」<卓球・LION CUP TOP32>

<2022 LION CUP TOP32 日時:3月5日〜6日 場所:アリーナ立川立飛>

6日、第1回パリ五輪選考会となるLION CUP TOP32の2日目、丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が3位決定戦で敗れ4位となって大会を終えた。

準決勝での及川瑞基(木下グループ)との試合ではゲームカウント2-4で敗れ、続く3位決定戦でも横谷晟(愛知工業大)に敗れ4位となった。試合後、丹羽が報道陣の質問に答えた。

丹羽孝希コメント

写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディング)/撮影:ラリーズ編集部
写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディング)/撮影:ラリーズ編集部

今日の試合を振り返って

今日の1試合目の及川選手との試合はベストパフォーマンスでできたかなと思います。3位決定戦は負けた後の試合で、選手としてすごくしんどい試合でした。ただ、横谷選手は負けたにも関わらず向かってきていて、姿勢にも圧倒されてしまいました。横谷選手のその姿勢は素晴らしいなと思いました。

写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディング)/撮影:ラリーズ編集部
写真:丹羽孝希(スヴェンソンホールディング)/撮影:ラリーズ編集部

全日本から試合続きだったが、得られたものは

全日本選手権から今日まである程度納得できる試合ができました。強い選手にもたくさん勝つことができて、Tリーグも2桁勝利、全日本も久しぶりに3位に入って、今回もベスト4に入った。悪くないんじゃないかなと思うので、ここから僕は試合がしばらくないんですけど、疲れをとって、また次の大会に向けて頑張っていきたいと思いました。

次戦はアジア競技大会の選考会?

いや、出ないですね。アジア競技大会選考会は1位しか代表になれなくて、2,3,4位になってアジア競技大会の団体やダブルスに出てもポイントはつかない。なのでその大会は無理せず、(連戦続きだったので)しっかりその分休養して、次の大会に向けて頑張ろうという前向きな欠場です。

世界選手権ヒューストンの後には「今後の国際大会出場についても考える」というコメントもあったが

(世界選手権の)代表権は獲れたので出る方向ではいるんですけど、ヒューストンのときはそう言って実際グランドスマッシュも出ないですし、あれから国際大会も出てないですし、もっと自分の力をつけて「よし、これなら勝てるぞ」と思ったら(国際大会に)出るかもしれないですね。

パリ五輪選考が国内中心になったが

僕ら世界ランキングが高い選手は、長年かけて世界ランキングを積み重ねてきたので、それをやっぱり急に関係なしと言われて、どこかで気持ちが折れた部分がありましたし、世界ランキング関係ないなら、世界選手権などの選手権大会は出る意味があるんですけど、WTTとかは(五輪選考に)本当に意味がないので、そのときのモチベーションの持ち方がベテラン選手は難しいかなと思います。

若手はがむしゃらに全部の大会出て頑張ればいいんですけど、僕の場合そうはいかないので、重要な大会を見極めてそこに照準を合わせて頑張っていく作戦で行こうかなと思います。

丹羽孝希、大会2日目結果

準決勝

丹羽孝希 2-4 及川瑞基(木下グループ)〇
11-9/8-11/7-11/11-6/7-11/10-12

3位決定戦

丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス) 2-4 横谷晟〇
10-12/11-5/12-10/5-11/6-11/7-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)