佐藤瞳、初の世界選手権団体戦代表に「一員になれたのは光栄」<卓球・LION CUP TOP32>

<2022 LION CUP TOP32 日時:3月5日〜6日 場所:アリーナ立川立飛>

6日、第1回パリ五輪選考会となるLION CUP TOP32の2日目、佐藤瞳(ミキハウス)は準決勝で長ア美柚(日本生命)に敗れ、3位決定戦でも木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)に敗れた。ベスト4に入った佐藤は、2022世界選手権団体戦の代表に内定した。

試合後、佐藤が報道陣の質問に答えた。

佐藤瞳、試合後のコメント

写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部
写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

大会振り返り

本当にまだまだ未完成のところが多すぎて、これからパリ五輪選考があったり、ほかの大会も合ったりする中で、まだまだ自分の底上げが必要だなとは前から思っています。まだまだ実力不足というのは感じているので頑張っていくだけかなと思います。

底上げしたいポイントは

守備力です。守備範囲が広いと言われるんですけど、自分としてはまだまだ物足りなくて、まだまだというところはあるので、そこが一番です。

パリ五輪選考についてどう感じているか

選考会のポイントとか、ポイント制で決まっていくということで、今までとは全然違う形。今までは数多いワールドツアーを戦ったうえでの世界ランキングだった。選考会の数も限られているので、1試合1試合大事な戦いになるなと思っています。

選考方法の変更は自身にとってどうか

どんな選考方法でも五輪というのは狭き門なので、どんな条件でも厳しい選考になることは変わりないかなと思っています。

国内選考会がある中で国際大会の位置づけは

写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部
写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

コロナ禍でWTTの予定も直前に知らされたりとか、本当に先が読めない状況で、まだ海外の大会のどれに行くなどは決まっていない状況です。

出るからには上位を目指したいというのはあるんですけど、一番はパリ五輪の国内選考なので、まずは実力が上がるように、海外の選手はいろんなタイプの選手がいるので、経験を積むための大会という位置づけです。

初の団体での世界選手権代表ということについて

2年前の釜山大会で代表になったんですけど、中止になってしまって、開催されれば初めての団体戦代表。

自分が小さいころから世界卓球の団体戦というのは見てきて、本当の日本代表という見え方があったので、その一員になれたのは光栄でもありますし、最年長でもあるので、いろんな面で引っ張っていけたらいかなと思っています。

佐藤瞳、大会2日目試合結果

準決勝

佐藤瞳 0-4 長ア美柚(日本生命)〇
9-11/8-11/6-11/10-12

3位決定戦

佐藤瞳 1-4 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)〇
7-11/12-10/7-11/5-11/8-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)