愛工大名電、四天王寺が7連覇 殊勲賞は吉山僚一と大藤沙月<卓球・全国高校選抜結果>

<第49回全国高校選抜卓球大会 2022年3月18日〜21日 栃木:栃木県総合運動公園メインアリーナ>

21日、全国高校選抜は最終日を迎え、学校対抗準々決勝〜決勝とシングルス準決勝〜決勝までが行われた。

男子学校対抗では6連覇中の愛工大名電(愛知)が6大会連続準優勝中の野田学園(山口)を3-1で下して7連覇を達成した。女子学校対抗は四天王寺(大阪)が明徳義塾(高知)の挑戦をストレートで退け、王者の貫禄を見せて7連覇を成し遂げた。

男子殊勲賞には出場した単複10試合全て勝利を挙げた吉山僚一(愛工大名電)が選出され、全日本ジュニアチャンピオンの実力を見せつけた。女子は単複9戦9勝の大藤沙月(四天王寺)が2年連続で殊勲賞に輝いた。

また、シングルス2部では男子・井修紀(自由ヶ丘)、女子・吉住聖香(伝習館)が栄冠に輝いた。

男女学校対抗、男女殊勲賞、男女敢闘賞は以下の通り。

男子学校対抗結果

優勝:愛工大名電(愛知)

愛工大名電
写真:愛工大名電(愛知)/撮影:ラリーズ編集部

準優勝:野田学園(山口)

野田学園
写真:野田学園(山口)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト4:出雲北陵(島根)、明徳義塾(高知)

ベスト8:

女子学校対抗結果

優勝:四天王寺(大阪)

四天王寺
写真:四天王寺(大阪)/撮影部:ラリーズ編集

準優勝:明徳義塾(高知)

明徳義塾
写真:明徳義塾(高知)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト4:進徳女子(広島)、桜丘(愛知)

学校対抗個人賞

男子殊勲賞:吉山僚一(愛工大名電)

吉山僚一
写真:吉山僚一(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

女子殊勲賞:大藤沙月(四天王寺)

大藤沙月
写真:大藤沙月(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

男子敢闘賞:徳田幹太(野田学園)

徳田幹太
写真:徳田幹太(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

女子敢闘賞:青井さくら(明徳義塾)

青井さくら
写真:青井さくら(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

男女シングルス2部

男子1位:井修紀(自由ヶ丘)

井
写真:井修紀(自由ヶ丘)/撮影:ラリーズ編集部

男子2位:川P俊也(慶應義塾)

川P
写真:川P俊也(慶應義塾)/撮影:ラリーズ編集部

男子ベスト4:光石康佑(佐賀商業)、山口翔太(中津南)

女子1位:吉住聖香(伝習館)

吉住
写真:吉住聖香(伝習館)/撮影:ラリーズ編集部

女子2位:下山咲夢(千葉商大付)

下山
写真:下山咲夢(千葉商大付)/撮影:ラリーズ編集部

女子ベスト4:山本優月(秋草学園)、木村陽菜子(米子松陰)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)