戸上隼輔、3戦全勝で代表権獲得 決勝は野田学園OB対決に<卓球・アジア競技大会選考会男子予選リーグ>

戸上隼輔、3戦全勝で代表権獲得 決勝は野田学園OB対決に<卓球・アジア競技大会選考会男子予選リーグ>

戸上隼輔、3戦全勝で代表権獲得 決勝は野田学園OB対決に<卓球・アジア競技大会選考会男子予選リーグ>の画像

<卓球・第19回アジア競技大会卓球競技代表候補選手選考会 日時:4月9〜10日 場所:赤羽体育館>

10日、第19回アジア競技大会卓球競技代表候補選手選考会は2日目を迎えた。男子予選リーグ第3試合が行われ、グループAでは戸上隼輔(明治大)が及川瑞基(木下グループ)をフルゲームの末下し、3戦全勝で予選リーグ1位通過が確定。決勝進出と共に、アジア競技大会男子団体代表権を獲得した。

また、グループBでは吉村真晴(愛知ダイハツ)が松下大星(クローバー歯科カスピッズ)をゲームカウント4-1で下し、決勝進出を決めた。この結果から、決勝は戸上と吉村の「野田学園OB対決」となった。

男子シングルス

グループA

及川瑞基(木下グループ)3-4 戸上隼輔(明治大)〇
曽根翔(愛知工業大)0-4 吉山僚一(愛工大名電高)〇

グループA最終結果

戸上隼輔(3勝0敗)
及川瑞基(1勝2敗)
曽根翔(1勝2敗)
吉山僚一(1勝2敗)

グループB

松下大星(クローバー歯科カスピッズ)1- 4吉村真晴(愛知ダイハツ)〇
有延大夢(琉球アスティーダ)L-W 横谷晟(愛知工業大)〇※有延が棄権のため不戦勝

グループB最終結果

1位:吉村真晴(3勝0敗)
2位:松下大星(2勝1敗)
3位:横谷晟(1勝2敗)
4位:有延大夢(0勝3敗)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)