吉村真晴、涙のV “後輩”戸上を下しシングルス代表に<卓球・アジア競技大会選考会男子決勝>

<卓球・第19回アジア競技大会卓球競技代表候補選手選考会 日時:4月9〜10日 場所:赤羽体育館>

10日、第19回アジア競技大会卓球競技代表候補選手選考会は2日目を迎えた。リオ五輪代表の吉村真晴(愛知ダイハツ)が今年1月の全日本選手権王者の戸上隼輔(明治大)をゲームカウント4-3で下し、優勝を果たした。

フルゲームの激戦を制す

男子決勝では、共に名門・野田学園高校の出身の吉村真晴と戸上隼輔が勝ち上がってきた。第1ゲームを戸上が制して幸先のいいスタートを切るも、第2、第3、第4ゲームを吉村が連取する。

このまま吉村が勝利をつかみ取るかと思われたが、第5ゲームを戸上がデュースで制すると第6ゲームも戸上が勝利し、試合はフルゲームまでもつれ込む。

最終第7ゲームは両者とも積極的に攻撃を仕掛け一進一退の攻防が繰り広げられるが、最後は吉村が11-7で勝利。フルゲームの激戦を制し、吉村がアジア競技大会のシングルスの代表権を獲得した。

男子決勝結果

写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

戸上隼輔(明治大)3-4 吉村真晴(愛知ダイハツ)〇
11-9/9-11/7-11/4-11/14-12/13-11/7-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)