東京パラ五輪代表・加藤耕也&伊藤槇紀のペアが準優勝<卓球・フレンチパラオープン2022ダブルス>

<卓球・フレンチパラオープン2022 日程:5月5〜8日 場所:フランス サン・カンタン・アン・イブリーヌ>

5月5日〜8日にかけてフレンチパラオープン2022が開催され、各クラスで男女ダブルスと混合ダブルスが行われた。

パラ卓球とは

パラ卓球では障がいの状態や障がいの程度によって1〜11までのクラスに分かれており、クラス1〜5は車いす、6〜10は立位、11は知的障がいと分けられている。また、クラス1〜5と6〜10はそれぞれ数字が小さいほど障がいの程度が重度になっている。

東京パラ五輪日本代表が多数入賞

今大会には東京パラリンピック日本代表選手が多数出場した。東京パラリンピック女子シングルスで銅メダルを獲得した伊藤槇紀は、女子ダブルスWD22(女子知的22)で4位、混合ダブルスXD22(混合知的22)で準優勝に輝いた。

その他の結果は以下の通り。

男子ダブルス優勝者と日本人選手の結果

MD4

優勝:TOLEDO Miguel Angel/SASTRE Iker(スペイン)

宇野正則/松尾充浩(予選リーグ敗退)

MD8

優勝:TURAN Nesim/OZTURK Abdullah(トルコ)

渡邊剛/玉津徹也(予選リーグ敗退)

MD14

優勝:WANGPHONPHATHANASIRI Phisit/THAINIYOM Rungroj(タイ)

MD18

男子立位18
写真:MD18(男子立位18)の入賞ペア/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

優勝:BOUVAIS Thomas/BOHEAS Mateo(フランス)

岩渕幸洋/阿部隼万(ベスト4)

MD22

男子知的22
写真:MD22(男子知的22)の入賞ペア/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

優勝:JEONG Kyuyoung/KIM Gi Tae(韓国)

竹守彪/加藤耕也(ベスト4)

女子ダブルス優勝者と日本人選手の結果

WD5

優勝:AMARAL SANTOS Marliane/DA SILVA OLIVEIRA Catia Christina(ブラジル)

WD10

優勝:JUNG Young A/LEE Mi Gyu(韓国)

WD14

優勝:KELMER Sophia(ブラジル)/JULIAN Rebecca Anne(オーストリア)

WD20

女子立位20
写真:WD20(女子立位20)の入賞ペア/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

優勝:REEG Marlene(ドイツ)/中村望

WD22

優勝:ACER Ebru/TURK Sumeyra(トルコ)

伊藤槇紀/櫨山七菜子(4位)

混合ダブルス優勝者と日本人選手の結果

XD4

優勝:LEE Mi Gyu/KIM Hyeon Uk(韓国)

XD7

優勝:GLINBANCHUEN Yuttajak/SRINGAM Wassana(タイ)

XD10

CHAIWUT Wanchai/JAION Wijittra(タイ)

XD14

BERTHIER Clement/CAILLAUD Morgen(フランス)

XD17-20

混合立位17-20
写真:XD17-20(混合立位17-20)の入賞ペア/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

優勝:CSONKA Andras(ハンガリー)/KAVAS Neslihan(トルコ)

阿部隼万/中村望(ベスト4)

XD22

写真:XD22(混合知的)の入賞ペア/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:XD22(混合知的22)の入賞ペア/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

優勝:FERNEY Lea/CREANGE Lucas Edouard(フランス)

加藤耕也/伊藤槇紀(準優勝)
竹守彪/櫨山七菜子(ベスト4)
浅野俊/美遠さゆり(ベスト8)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)