竹守彪が単複準優勝 ダブルスは日本勢が多数入賞<卓球・パラスロベニアオープン2022>

<卓球・パラスロベニアオープン2022 日程:5月11〜14日 場所:ラシュコ>

5月11日〜14日にかけてパラスロベニアオープン2022が開催され、各クラスで男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスが行われた。

パラ卓球とは

パラ卓球では障がいの状態や障がいの程度によって1〜11までのクラスに分かれており、クラス1〜5は車いす、6〜10は立位、11は知的障がいと分けられている。また、クラス1〜5と6〜10はそれぞれ数字が小さいほど障がいの程度が重度になっている。

東京パラ五輪代表が活躍

今大会には今月上旬に行われたフレンチパラオープン2022に続き、東京パラリンピック日本代表選手が多数出場した。

東京パラリンピック男子シングルスで5位に入賞した浅野俊は男子ダブルスクラスMD22でベスト4に輝いた。また、竹守彪はクラス11シングルス準優勝、竹守彪/加藤耕也ペアは男子ダブルスクラスMD22で準優勝、岩渕幸洋/友野有理ペアは混合ダブルスクラスXD17でベスト4と、日本勢がダブルスで多数入賞を果たした。

男子シングルス日本人選手の結果

クラス4

齊藤元希(ベスト16)

クラス5

中本亨(ベスト8)
土井健太郎(予選リーグ敗退)

クラス7

八木克勝(ベスト8)
来田啓幹(予選リーグ敗退)

クラス8

立石アルファ裕一(予選リーグ敗退)
佐藤泰巳(予選リーグ敗退)

クラス9

男子クラス9
写真:男子クラス9表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

岩渕幸洋(ベスト4)
阿部隼万(予選リーグ敗退)

クラス11

写真:男子クラス11表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:男子クラス11表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

竹守彪(準優勝)
加藤耕也(ベスト4)
浅野俊(予選リーグ敗退)
吉川碧人(予選リーグ敗退)

女子シングルス日本人選手の結果

クラス4

柏木杏(予選リーグ敗退)

クラス5

写真:女子クラス5表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:女子クラス5表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

別所キミヱ(ベスト4)

クラス8

友野有理(ベスト8)

クラス11

女子クラス11
写真:女子クラス11表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

伊藤槙紀(ベスト4)
櫨山七菜子(ベスト8)
古川佳奈美(予選リーグ敗退)
美遠さゆり(予選リーグ敗退)

男子ダブルス日本人選手の結果

クラスMD14

写真:クラスMD14表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:クラスMD14表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

八木克勝/来田啓幹(ベスト4)

クラスMD18

立石アルファ裕一/佐藤泰巳(予選リーグ敗退)
岩渕幸洋/阿部隼万(予選リーグ敗退)

クラスMD22

竹守彪/加藤耕也(準優勝)
浅野俊/吉川碧人(4位)

女子ダブルス日本人選手の結果

WD10

柏木杏/別所キミヱ(予選リーグ敗退)

クラスWD22

伊藤槇紀/櫨山七菜子(リーグ3位)

混合ダブルス日本人選手の結果

クラスXD10

写真:クラスXD10表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:クラスXD10表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

中本亨/別所キミヱ(ベスト4)
齊藤元希/柏木杏(予選リーグ敗退)

クラスXD17

写真:クラスXD17表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:クラスXD17表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

岩渕幸洋/友野有理(ベスト4)

クラスXD22

写真:クラスXD22表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会
写真:クラスXD22表彰式/提供:一般社団法人日本肢体不自由者卓球協会

竹守彪/櫨山七菜子(準優勝)
浅野俊/美遠さゆり(ベスト4)
加藤耕也/伊藤槇紀(ベスト8)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)