シチズン時計、今季2つ目のタイトル獲得なるか NTT東日本東京は男女で決勝目指す<全日本実業団卓球選手権大会>

大会3日目を迎える全日本実業団卓球選手権大会は、男女決勝トーナメント準々決勝まで行われ、男女ともにベスト4が出揃った。

男子トーナメント2回戦

午前中に行われた2回戦では、日本卓球リーグで優勝を飾ったシチズン時計やTOKYO GASなどシードチームが登場した。

坂根翔大(関西卓球アカデミー)
写真:坂根翔大(関西卓球アカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

先日行われた日本リーグ2部でも対戦したケアリッツアンドパートナーズと関西卓球アカデミーの試合は関西卓球アカデミーが勝ちをもぎとり、3回戦へ駒を進めた。

男子トーナメント3回戦

シチズン時計やNTT東日本 東京が勝利を収める中、盛り上がりを見せたのがファースト対クローバー歯科カスピッズの試合だった。

松平健太(ファースト)
写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

ファーストは1番シングルスの松平健太が危なげなく勝利するも、2番シングルス、3番ダブルスを落とし、追い詰められる。4番、5番シングルスが2台進行で行われ、先に5番の大矢英俊が勝利するも4番の町飛鳥が宮本春樹に敗れ、フォーストが1-3で敗退。クローバー歯科が準々決勝進出を決めた。

徳永(鹿児島相互信用金庫)
写真:徳永大輝(鹿児島相互信用金庫)/撮影:ラリーズ編集部

その他、鹿児島相互信用金庫は協和発酵バイオに、岡谷市役所は瀬戸内スチールに勝利し、準々決勝進出となった。

男子トーナメント準々決勝

準々決勝に駒を進めたチームで唯一、第1ステージからオールストレートで勝ち進んできたNTT東日本 東京は栃木銀行にストレートで勝利を収め、準決勝進出を決めた。

三部航平(シチズン時計)
写真:三部航平(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

また、シチズン時計は3番ダブルスを落としたものの、上村慶哉、三部航平らがシングルスで勝ち星を挙げ、準決勝進出を決めた。

その他、3回戦で関西卓球アカデミーを破ったTOKYO GASとファーストとの激戦を制したクローバー歯科カスピッズが準決勝に進出した。

女子第1ステージ

昨日に引き続き行われた女子第1ステージのリーグ戦では、中国電力、広島日野自動車、昭和電工マテリアルズが予選2試合を3-0で勝利し、準々決勝に進出。

山本奥下(昭和電工)
写真:山本笙子と奥下茜里(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部

唯一4チームでリーグ戦を戦った(株)百十四銀行は十六銀行に敗北したものの、残りの2試合で勝利し、決勝トーナメントに駒を進めた。

女子トーナメント準々決勝

第1ステージを勝ち抜いた8チームが戦うトーナメントでは、ここまでの2試合をストレートで勝ち上がった中国電力がストレートで勝利し、3日の準決勝へ進んだ。また、NTT東日本 東京は豊田自動織機とのフルゲームの試合を制し、男子揃ってベスト4進出を決めた。

柴田小室(NTT東日本)
写真:柴田理彩と小室聖(NTT東日本 東京)/撮影:ラリーズ編集部

その他、ベスト4には昭和電工マテリアルズと鹿児島相互信用金庫が勝ち残り、明日の準決勝と決勝に備える。

7/3見どころ

明日は男女ともに、準決勝と決勝が予定されている。男子準決勝では、クローバー歯科カスピッズとシチズン時計の日本リーグ勢が対戦する。前期日本リーグで優勝したシチズン時計が、今季2つ目のタイトルを獲得できるか注目だ。

女子は中国電力と昭和電工マテリアルズの前期日本リーグ活躍した両チームに注目が集まるが、男女ともに勝ち残っているNTT東日本 東京や鹿児島相互信用金庫はどこまで食い下がることができるか。

男女ともにより一層白熱することが予想される試合から目が離せない。

男子トーナメント2回戦結果

リコー(東京)L-W 協和発酵バイオ(山口)◯ ※リコーは棄権

JR東日本高崎(群馬)2−3 鹿児島相互信用金庫(鹿児島)◯

ケアリッツアンドパートナーズ(東京)2-3 関西卓球アカデミー(大阪)◯

NTN桑名(三重)0-3 TOKYO GAS(東京)◯

日鉄物流ブレイザーズ(和歌山)L−W(株)三五(愛知)◯ ※日鉄物流ブレイザーズは棄権

所沢市役所(埼玉)0-3 NTT東日本 東京(東京)◯ 

◯栃木銀行(栃木)3-1(株)アマタケ(茨城)

◯日野キングフィッシャーズ W-L 信号機材株式会社(神奈川) ※信号機材株式会社は棄権

◯ファースト(千葉)3-0 日本郵政(兵庫)

トヨタ自動車(愛知)0-3 クローバー歯科カスピッズ(大阪)◯

◯日製日立(茨城)3-1 埼玉縣信用金庫(埼玉)

協和キリン L-W 東芝◯ ※協和キリンは棄権

◯岡谷市役所(長野)3-1 湘南信用金庫(神奈川)

松戸市役所(千葉)1-3 瀬戸内スチール(広島)◯

フジ(愛媛)2-3 JR北海道(北海道)◯

◯シチズン時計(東京)3-0 日本製鉄大分(大分)

男子トーナメント3回戦の結果

協和発酵バイオ(山口)1-3 鹿児島相互信用金庫(鹿児島)◯

関西卓球アカデミー(大阪)2-3 TOKYO GAS(東京)◯

(株)三五(愛知)0-3 NTT東日本 東京(東京)◯

◯栃木銀行(栃木)W-L 日野キングフィッシャーズ ※棄権

ファースト(千葉)1-3 クローバー歯科カスピッズ(大阪)◯

◯日製日立(茨城)3-1 東芝(神奈川)

◯岡谷市役所(長野)3-1 瀬戸内スチール(広島)

JR北海道(北海道)0-3 シチズン時計(東京)◯

男子トーナメント準々決勝結果

◯NTT東日本 東京(東京)3-0 栃木銀行(栃木)

鹿児島相互信用金庫(鹿児島)1-3 TOKYO GAS(東京)◯

◯クローバー歯科カスピッズ(大阪)3-1 日製日立(茨城)

岡谷市役所(長野)1-3 シチズン時計(東京)◯

女子第1ステージの結果

グループ1

1位(株)百十四銀行(香川) 2勝1敗
2位 キャノンメディカル(東京) 2勝1敗
3位 オークワ(和歌山) 1勝2敗
4位 十六銀行(岐阜) 1勝2敗

グループ2

1位 中国電力(広島) 2勝0敗
2位 ケアリッツアンドパートナーズ(東京) 1勝1敗
3位 北伊勢上野信用金庫(三重) 0勝2敗

グループ3

1位 四国銀行(高知) 2勝0敗
2位 住友電工伊丹(兵庫)1勝1敗
3位 サンリツ(東京) 0勝2敗 ※棄権

グループ4

1位 鹿児島相互信用金庫(鹿児島) 2勝0敗
2位 日立笠戸(山口) 1勝1敗
3位 デンソー(静岡) 0勝2敗 ※棄権

グループ5

1位 豊田自動織機(愛知) 2勝0敗
2位 JR北海道(北海道) 1勝1敗
3位 松戸市役所(千葉) 0勝2敗

グループ6

1位 NTT東日本 東京(東京) 2勝0敗
2位 百五銀行(三重) 1勝1敗
3位 愛媛銀行(愛媛) 0勝2敗 ※棄権

グループ7

1位 広島日野自動車(広島) 2勝0敗
2位 トプコン(東京) 1勝1敗
3位 岐阜信用金庫(岐阜) 0勝2敗

グループ8

1位 昭和電工マテリアルズ(茨城) 2勝0敗
2位 エクセディ(三重) 1勝1敗
3位 デンソーテン(兵庫) 0勝2敗

女子トーナメント準々決勝結果

(株)百十四銀行(香川)0-3 中国電力(広島)◯

四国銀行(高知)1-3 鹿児島相互信用金庫(鹿児島)◯

豊田自動織機(愛知)2-3 NTT東日本 東京(東京)◯

広島日野自動車(広島)1-3 昭和電工マテリアルズ(茨城)◯

男子トーナメント準決勝組み合わせ

NTT東日本 東京(東京)- TOKYO GAS(東京)

クローバー歯科カスピッズ(大阪)- シチズン時計(東京)

女子トーナメント準決勝組み合わせ

中国電力(広島)- 鹿児島相互信用金庫(鹿児島)

NTT東日本 東京(東京)- 昭和電工マテリアルズ(茨城)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)