篠塚大登、中国選手に惜敗 フルゲームの激闘もあと一歩及ばず<卓球・WTTフィーダーブダペスト>

<WTTフィーダーブダペスト(ヨーロピアンサマーシリーズ2022) 日程:7月18〜22日 場所:ブダペスト(ハンガリー)>

22日、WTTフィーダーブダペストでは男子シングルス準決勝が行われ、篠塚大登(愛知工業大)が登場した。

林詩棟(リンシドン・中国)
写真:林詩棟(リンシドン・中国)/提供:WTT

篠塚の前に立ちはだかったのは、1回戦で吉村真晴(愛知ダイハツ)、準々決勝で戸上隼輔(明治大)を破って勝ち上がってきた中国のホープ・林詩棟(リンシドン・中国)だ。

試合は、序盤の2ゲームを林詩棟が奪い流れを持っていく。3ゲーム目のデュースを篠塚が制すも、4ゲーム目で林詩棟が取りゲームカウント1-3と後がなくなった。第5ゲーム、第6ゲームを篠塚が粘り切って取り、勝負は最終ゲームに委ねられた。

篠塚大登
写真:篠塚大登(愛知工業大)/提供:WTT

両者ゆずらぬ攻防を繰り広げるが、6-10で林詩棟がマッチポイントを迎える。しかし篠塚がフォアハンドを軸に得点を重ねデュースに突入。取って取られてを繰り返すが、最後は篠塚の中陣からのバックハンドドライブがネットを越えず試合終了となった。

篠塚は2連続中国超えを果たすことはできず、ベスト4で今大会を終えた。勝利した林詩棟は決勝で、中国勢を制してきた向鵬(シャンパン・中国)との同士討ちを迎える。

試合結果

男子シングルス準決勝

写真:林詩棟(リンシドン・中国)/提供:WTT
写真:林詩棟(リンシドン・中国)/提供:WTT

篠塚大登(愛知工業大)3-4 林詩棟(リンシドン・中国)〇
3-11/7-11/12-10/9-11/11-9/12-10/12-14

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)