張本智和、木造勇人との男子複制し2冠達成<卓球・WTTコンテンダーチュニス>

<WTTコンテンダーチュニス 日程:8月1~6日 場所:チュニス(チュニジア)>

6日、WTTコンテンダーチュニスは大会最終日を迎え、男女シングルス決勝、男女ダブルス決勝が行われた。

男子ダブルス決勝に進んだ木造勇人(個人)/張本智和(IMG)ペアは薛飛(シュフェイ)/趙子豪(ジャオズーホウ・中国)ペアと対戦。

薛飛(シュフェイ)/趙子豪(ジャオズーホウ・中国)
写真:薛飛(シュフェイ)と趙子豪(ジャオズーホウ・中国)/提供:WTT

中国式ペンホルダーを使うペアとの対戦となった張本/木造ペアは、序盤から台上プレーで相手を翻弄し、1ゲーム目を先取する。続く2、3ゲーム目はチキータを中心とするペン特有のボールに苦しめられて連取されるも、4ゲーム目は10‐9リードから張本のチキータで締め、勝負は最終5ゲーム目に突入。

張本智和/木造勇人
写真:張本智和(IMG)と木造勇人(個人)/提供:WTT

5ゲーム目は要所で木造のカウンターが冴えて11-6で勝利。2019年の全日本選手権を制した張本/木造ペアは、3年ぶりの再結成ながらも息のあったプレーで国際大会でもタイトルを獲得した。

今大会、張本智和は男子シングルスでは2回戦敗退となるも、男子ダブルスと混合ダブルスでそれぞれタイトルを獲得し、2冠に輝いた。張本智和の今後から目が離せない。

張本美和
写真:張本美和(木下アカデミー)/提供:WTT

今大会、出場した全種目で快進撃を見せた張本美和(木下アカデミー)は、女子シングルス決勝の舞台に登場。中国の張瑞(ジャンルイ)を相手に4ゲームが終わってゲームカウント1‐3と後がない状況に追いつめられるも、そこから兄譲りの驚異の粘りで3‐3とゲームを振り出しに戻す。

張瑞(ジャンルイ)
写真:張瑞(ジャンルイ・中国)/提供:WTT

最終ゲームも7‐10とリードを許された状況からデュースに持ち込むも、最後は中国選手の地力の差を見せつけられ、悔しい敗戦となった。

弱冠14歳の若きヒロインは最終的に女子シングルスで準優勝、ダブルスで3位、混合ダブルスで優勝という結果で今大会の全日程を終えた。今大会で世界にその名を轟かせ大きな存在感を示した張本美和は、これからさらに飛躍を遂げる可能性を秘めている。

張本美和/張本智和
写真:張本智和(IMG)と張本美和(木下アカデミー)/提供:WTT

張本兄妹の活躍はその他日本勢にとって大きな刺激となった。新たな風を吹かせた美和と日本のエースという地位を確立しつつある智和を中心に、日本卓球界は大いに盛り上がりを見せている。群雄割拠の中で抜け出すのは誰か、今後も注目していきたい。

6日日本選手試合結果

女子シングルス決勝

張本美和(木下アカデミー)3-4 張瑞(ジャンルイ・中国)〇

男子ダブルス決勝

〇木造勇人(個人)/張本智和(IMG)3-2 薛飛(シュフェイ)/趙子豪(ジャオズーホウ・中国)

最終結果

男子シングルス

優勝:ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
準優勝:アレクシス・ルブラン(フランス)
3位:ジャンウジン(韓国)、マティアス・ファルク(スウェーデン)

男子シングルス表彰式
写真:男子シングルス表彰式/提供:WTT

女子シングルス

優勝:張瑞(ジャンルイ・中国)
準優勝:張本美和(木下アカデミー)
3位:陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)、長﨑美柚(木下グループ)

女子シングルス表彰式
写真:女子シングルス表彰式/提供:WTT

男子ダブルス

優勝:木造勇人(個人)/張本智和(IMG)
準優勝:薛飛(シュフェイ)/趙子豪(ジャオズーホウ・中国)
3位:趙勝(チョスンミン)/安宰賢(アンジェヒョン・韓国)、荘智淵(チュアンチーユエン)/陳建安(チェンジェンアン・チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

優勝: 蒯曼(クワイマン)/張瑞(ジャンルイ・中国)
準優勝:石洵揺(シシュンヤオ)/何卓佳(フーズオジャー・中国)
3位:森さくら/笹尾明日香(日本生命)、長﨑美柚(木下グループ)/張本美和(木下アカデミー)

女子ダブルス表彰式
写真:女子ダブルス表彰式/提供:WTT

混合ダブルス

優勝:張本智和(IMG)/張本美和(木下アカデミー)
準優勝:馮翊新(フェンイーシン)/陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)
3位: ビトール・イシイ/ブルーナ・タカハシ(ブラジル)、Cedric MEISSNER/ユアン・ワン(ドイツ)

混合ダブルス表彰式
写真:混合ダブルス表彰式/提供:WTT


文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)