戸上隼輔、張本智和を下して国内選考会初V<卓球・2022 全農CUP TOP32 福岡大会>

<卓球・2022 全農CUP TOP32 福岡大会 日程:9月3~4日 場所:アクシオン福岡>

4日、2022 全農CUP TOP32は大会2日目を迎え、男子シングルス決勝が行われた。

男子シングルス決勝には、戸上隼輔(明治大)と張本智和(IMG)が勝ち上がってきた。直近の対戦は先月開催されたNOJIMA CUP。その時は張本が勝利しており、戸上にとってはリベンジマッチとなった。

張本智和
写真:張本智和(IMG)/撮影:ラリーズ編集部

第1ゲームは張本が得意の両ハンドで戸上を圧倒し、11-5で勝利。続く第2ゲームも、張本が10-5と先にゲームポイントを握る。

しかし、ここから戸上の逆襲が始まる。5連続ポイントでデュースに持ち込むとそのままの勢いで第2ゲームを13-11で勝利。戸上は続く第3、第4ゲームも連取し、第5ゲームも10-6とチャンピオンシップポイントを握る。そして、最後は戸上が強烈なバックハンドドライブを叩き込み、11-6で勝利。

ゲームカウント4-1で張本を下した戸上が、パリ五輪国内選考会で初優勝を果たした。

男子シングルス決勝

〇戸上隼輔(明治大)4-1 張本智和(IMG)
5-11/13-11/11-6/11-6/11-6


文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)