男子日本代表、イランに完勝で白星スタート 張本、戸上、及川で3連取<世界卓球選手権2022>

張本智和(IMG)/提供:WTT

<世界卓球選手権成都大会2022 日程:9月30日~10月9日 日程:成都(中国)>

30日、世界選手権が開幕し、男子日本代表は予選リーグでイランと対戦した。

1番シングルスには戸上隼輔(明治大)が出場。世界選手権団体戦は初参加ながら、持ち前のフットワークと高速両ハンドでイラン代表のエースであるノシャド・アラミヤンに完勝し、日本が先制する。

続く2番シングルスでは張本智和(IMG)が登場。1番シングルスに出場したノシャド・アラミヤンの弟であるニマ・アラミヤンと対戦し、第1ゲームを奪われ出鼻をくじかれる展開に。第2ゲームも接戦が続くも、12-10で張本が制すると、その後の第3、第4ゲームは張本がゲームを支配。ゲームカウント3-1で張本が貴重な勝利を挙げた。

及川瑞基(木下グループ)
写真:及川瑞基(木下グループ)/提供:WTT

勝利に王手をかけた日本は、第3シングルスに世界選手権初出場の及川瑞基(木下グループ)を起用。互いにゲームを奪い合うシーソーゲームはフルゲームまでもつれるも、最後は相手のネットインを及川が見事に処理して11-9で勝利した。

戸上、張本、及川で3マッチを連取した日本がマッチカウント3-0で勝利し、予選リーグ初戦を白星で飾った。

男子予選リーググループ3

〇日本 3-0 イラン

〇戸上隼輔(明治大)3-0 ノシャド・アラミヤン
11-8/11-5/11-9

〇張本智和(IMG)3-1 ニマ・アラミヤン
8-11/12-10/11-5/11-8

〇及川瑞基(木下グループ)3-2 アミ・ホセイン・ホダエイ
5-11/11-5/9-11/11-7/11-9

張本智和(IMG)- ノシャド・アラミヤン

戸上隼輔(明治大)- ニマ・アラミヤン

男子予選リーググループ3試合結果(9/30時点)

日本(1勝0敗)
イラン(0勝1敗)
ハンガリー(0勝0敗)
中国香港(0勝0敗)
ルーマニア(0勝0敗)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)