女子日本代表が日韓戦制す 戸上隼輔は世界5位下す金星<世界卓球選手権2022>

<世界卓球選手権成都大会2022 日程:9月30日~10月9日 日程:成都(中国)>

5日、世界卓球の6日目が開催され、日本代表は男女揃って決勝トーナメント1回戦に臨んだ。

戸上がブラジルのエースを下す

男子日本代表は世界チームランク6位のブラジルと対戦。1番では戸上隼輔(明治大)が世界ランキング5位のウーゴ・カルデラノと対戦し、第1ゲームを13-11と僅差で落とすも、第2ゲームから3ゲーム連取で勝利する金星を挙げた。

写真:張本智和(IMG)/提供:WTT
写真:張本智和(IMG)/提供:WTT

戸上の勝利で勢いづいた日本は、2番の張本智和(IMG)、3番の及川瑞基(木下グループ)が共にストレートで相手を下し、マッチカウント3-0の完勝で準々決勝進出を決めた。

男子日本代表は、決勝トーナメント準々決勝でポルトガルと対戦する。

女子は宿敵韓国を下す

女子日本代表は世界チームランク4位の韓国と対戦。今大会毎試合メンバーを変えている日本は、この試合には伊藤美誠(スターツ)、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)、長﨑美柚(木下グループ)を起用した。

写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)/提供:WTT
写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)/提供:WTT

1番では伊藤が金娜英(キムナヨン)と対戦。前半は相手の攻撃に苦しみ第1ゲームを落とすも、サーブからの攻撃を軸にリードし、ゲームカウント3-1で勝利した。2番では木原が第2、第3ゲームを12-10で取り切り勝利。3番の長﨑も第1ゲームこそ落としたものの、第2ゲーム以降は攻撃的なプレーで相手を圧倒し、ゲームカウント3-1で勝利。

マッチカウント3-0で日韓戦を制した日本が、準々決勝に駒を進めた。

女子日本代表は、決勝トーナメント準々決勝でスロバキアと6日20時30分から対戦する。

男子決勝トーナメント1回戦

〇日本 3-0 ブラジル

〇戸上隼輔(明治大)3-1 ウーゴ・カルデラノ
11-13/12-10/11-8/11-7

〇張本智和(IMG)3-0 エリック・ジョウチー
11-4/11-5/11-7

〇及川瑞基(木下グループ)3-0 ビトル・イシイ
11-8/11-4/11-9

女子決勝トーナメント1回戦

〇日本 3-0 韓国

〇伊藤美誠(スターツ)3-1 金娜英(キムナヨン)
5-11/11-7/11-7/11-8

〇木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)3-0 リー・ジオン
11-8/12-10/12-10

〇長﨑美柚(木下グループ)3-1 申裕斌(シェンユービン)
6-11/11-9/11-6/11-8

6日日本代表試合予定

女子

vsスロバキア(20:30~)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)