村松雄斗が2勝で個人成績3位に 宇田幸矢は元世界1位に善戦<卓球・ドイツブンデスリーガ>

<卓球・ドイツブンデスリーガ2022-2023シーズン第7節>

11月26日~28日に、ドイツブンデスリーガ1部の第7節が行われ、村松雄斗(La.VIES)、宇田幸矢(明治大)が出場した。

村松雄斗が2勝で個人成績3位に

村松が所属するマインツ05は、グレンツァオとの対戦となった。村松は2点起用され、1番で馮翊新(フェンイーシン・チャイニーズタイペイ)と対戦。今シーズン6勝を上げている馮に対し、安定性と変化を兼ね備えたカットを軸に得点を重ね、要所で鋭い攻撃も決め相手を圧倒。ゲームカウント3-0で勝利し、チームに1勝目をもたらした。

村松雄斗(La.VIES)
写真:村松雄斗(La.VIES)/撮影:ラリーズ編集部

村松は4番でも登場し、パトリック・バウム(ドイツ)と対戦。スマッシュとドライブを使い分けるバウムのカット打ちに苦戦するも振り切り、ゲームカウント3-1で勝利。チームは2-3で敗戦したが、村松はシングルス7勝2敗でプレーヤーランキング3位に上昇した。

宇田幸矢は元世界1位に善戦

宇田幸矢(明治大)
写真:宇田幸矢(明治大)/提供:WTT

ケーニヒスホーフェン所属の宇田は今シーズン3試合目の出場となり、元世界ランキング1位の大ベテラン、ティモ・ボル(ドイツ)と対戦した。

ティモ・ボル(ドイツ)
写真:ティモ・ボル(ドイツ)/提供:WTT

ミスを恐れない積極的なカウンタープレーで2ゲームを奪い、最終ゲームも2度のマッチポイントを握るも、勝負所でのボルのサービス、レシーブに手を焼き、フルゲームの末惜しくも敗戦。チームも1-3で敗れた。

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン第7節日本選手結果

ケーニヒスホーフェン 1-3 ボルシア・デュッセルドルフ〇

〇バスティアン・シュテガー(ドイツ)3-0 Danny HEISTER(オランダ)

宇田幸矢(明治大)2-3 ティモ・ボル(ドイツ)〇

フィリップ・ゼリコ(クロアチア)0-3 アントン・ケルべリ(スウェーデン)〇

シュテガー 0-3 ボル〇

宇田/ゼリコ ‐ HEISTER/ケルべリ

マインツ05 2-3 グレンツァオ〇

〇村松雄斗(La.VIES)3-0 馮翊新(フェンイーシン・チャイニーズタイペイ)

Luka MLADENOVIC(ルクセンブルク)1-3 パトリック・バウム(ドイツ)〇

Andrei PUTUNTICA(モルドバ共和国)0-3 Maciej KUBIK(ポーランド)〇

〇村松 3-1 バウム

MLADENOVIC/PUTUNTICA 0-3 馮翊新/KUBIK〇

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン第7節その他結果

〇ミュールハウゼン 3-0 グリュンヴェッターズバッハ

ブレーメン 2-3 オクセンハウゼン〇

ベルクノイシュタッド 1-3 ザールブリュッケン〇

フルダ・マーバーツェル 1-3 ノイ・ウルム〇

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン順位(11/29時点)

1位:ボルシア・デュッセルドルフ(7勝0敗)
2位:オクセンハウゼン(5勝2敗)
3位:ザールブリュッケン(5勝2敗)
4位:ノイ・ウルム(4勝2敗)
5位:ブレーメン(4勝3敗)
6位:ミュールハウゼン(3勝4敗)
7位:ケーニヒスホーフェン(3勝4敗)
8位:グリュンヴェッターズバッハ(3勝4敗)
9位:フルダ・マーバーツェル(2勝4敗)
10位:グレンツァオ(2勝5敗)
11位:ベルクノイシュタッド(2勝5敗)
12位:マインツ05(1勝6敗)

ドイツブンデスリーガ(1部)2022-2023シーズン個人順位(11/29時点)

1位:アントン・ケルべリ(スウェーデン)(6勝0敗)
1位:カイ・ストンパー(ドイツ)(6勝0敗)
3位:村松雄斗(La.VIES)(7勝2敗)
4位:ダルコ・ヨルジッチ(スロべニア)(5勝0敗)
4位:トルルス・モーレゴード(スウェーデン)(5勝0敗)
4位:ジャー・カナック(アメリカ)(5勝0敗)
4位:ティモ・ボル(ドイツ)(5勝0敗)

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)