【Tリーグ】水谷「最高に気持ちいい」 初代王者は水谷・張本擁するKM東京に

【Tリーグ】水谷「最高に気持ちいい」 初代王者は水谷・張本擁するKM東京に

Tリーグ 水谷らKM東京が優勝

【Tリーグ】水谷「最高に気持ちいい」 初代王者は水谷・張本擁するKM東京に

【Tリーグ】水谷「最高に気持ちいい」 初代王者は水谷・張本擁するKM東京にの画像

写真:水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

17日、卓球新リーグ・ノジマTリーグの年間王者決定戦「プレーオフファイナル」が開催され、木下マイスター東京(以下、KM東京)が岡山リベッツ(以下、岡山)を3-1で下し、初代チャンピオンの栄冠をつかんだ。

Tリーグらしい世界トップクラスの対戦も

第1マッチには水谷隼/大島祐哉(KM東京)と上田仁/森薗政崇(岡山)の両エースペアが登場。KM東京ペアが第1ゲームを取得しリードを奪ったが、岡山ペアが逆転で先に勝利をつかんだ。

続く第2マッチでは侯英超(KM東京)と吉村和弘(岡山)が対戦し、ベテランの侯が巧みなカットで吉村をシャットアウト。KM東京がマッチカウントを1-1のイーブンに戻した。

ハーフタイムを挟んで勝負は後半戦へ。後期MVPの水谷隼(KM東京)とイサンス(岡山)が第3マッチで対峙した。ともに世界ランクトップ10に入る両者の戦いは、水谷が早い打点でイを翻弄。ストレートで勝ち星をつかんだKM東京が、初代王者の栄冠まであと一つと迫った。

ここで決めたいKM東京は前期MVPの張本智和を起用し、対する岡山は森薗政崇に望みを託した。1ゲームを奪い合って迎えた第3ゲームが勝負の分かれ目になったか。7-10のビハインドを巻き返した張本が勢いに乗り、続く第4ゲームも連取。

この瞬間、KM東京が初代王者の座を手にし、水谷や張本が抱き合いながら喜びを分かち合った。全身で喜びを表現するKM東京、奮闘した岡山の選手に会場からは大きな拍手が送られた。

邱建新監督のコメント

邱建新監督は「ここまで苦しいとは思っていなかった」と試合展開を振り返り、ファンに向けては「この一年間の応援、心から感謝しています。来年も引き続き応援をよろしくお願います」と感謝の言葉を述べた。

水谷隼のヒーローインタビュー

KM東京の初代王者の座を牽引した、水谷がヒーローに選ばれた。水谷は「最高に気持ちいいです」と率直な気持ちを表現するとともに「これからも木下マイスター東京は全力で頑張っていきます。世界卓球やオリンピックでも活躍できるよう精一杯頑張るので、これからも応援よろしくお願いします」とファンへの感謝のメッセージを送った。

スコア詳細

KM東京 3-1 岡山
水谷隼/大島祐哉 1-2 ○上田仁/森薗政崇
11-9/7-11/9-11

○侯英超 3-1 吉村和弘
12-10/7-11/11-5/14-12

○水谷隼 3-0 イ サンス
11-9/11-8/11-8

○張本智和 3-1 森薗政崇
11-4/9-11/12-10/11-9

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)