「守り」にも進化 Tリーグが更に強くした張本「世界卓球で金メダルを」

「守り」にも進化 Tリーグが更に強くした張本「世界卓球で金メダルを」

「守り」にも進化 Tリーグが更に強くした張本「世界卓球で金メダルを」の画像

写真:張本智和(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

17日、Tリーグプレーオフファイナル男子の試合後、初代王座についた木下マイスター東京の張本智和が、報道陣を前にプレーオフファイナルの感想と今後の抱負を語った。

この日勝負を決めた第4ゲームで、パワーあふれる攻撃が持ち味の森薗政崇に対して、何度もカウンター攻撃を繰り出し得点に繋げたことについて、「守りにも注力していた。自分からの攻撃だけでなくカウンターでも点を取れるようになることで、一段強くなれると思うので。」と勝利の裏に「守りの進化」にあったことを語った。

また、注目の一戦で森薗と当たったことについて、「森薗選手は強いし緊張もありましたけど、出る前に水谷さんから『大丈夫大丈夫』と声をかけられて、安心して入っていけました」と木下マイスター東京のチームワークが伝わるエピソードも披露した。

昨年10月24日に、開幕戦を同じ両国国技館で戦っていた張本は、開幕戦と今日のファイナルの様子を比較し、「開幕戦の時は、Tリーグが始まったばかりでみんな戸惑いもあったかもしれないけれど、今日はもっとお客さんが熱く盛り上がっていました。」と語った。「張本コールは聞こえましたか?」と問われると、「はい。」と笑顔で頷き、「僕たち選手も気持ちが盛り上がります。これからも応援していただきたいです。」と、感謝の気持ちを示した。

4月に開幕する世界卓球にむけては「個人で金メダルをとりたい」と早くも次の目標に気持ちを切り替えた。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)