【卓球】早田ひな、ワールドツアー連続優勝 準決勝では平野にも勝利<オマーンOP>

卓球の早田ひな、平野美宇ら破り国際大会で連続優勝 勢いを保ちカタールOPへ

記事まとめ

  • 卓球の早田ひながオマーンOPで優勝、ポルトガルOPに続き、国際大会で連続Vを果たした
  • 平野美宇、佐藤瞳らを勝ち抜いての優勝で、この勢いを保って次戦カタールOPに臨む
  • 女子ダブルスでは大藤沙月・芝田沙季ペアが、佐藤瞳・橋本帆乃香ペアを破って優勝した

【卓球】早田ひな、ワールドツアー連続優勝 準決勝では平野にも勝利<オマーンOP>

【卓球】早田ひな、ワールドツアー連続優勝 準決勝では平野にも勝利<オマーンOP>

【卓球】早田ひな、ワールドツアー連続優勝 準決勝では平野にも勝利<オマーンOP>の画像

写真:早田ひな(日本生命)/提供:ittfworld

<ITTFチャレンジ・プラス オマーンオープン(マスカット) 2019年3月20日〜3月24日>

24日、オマーンOPは最終日を迎え、シングルス準決勝・決勝とダブルスの決勝が行われた。シングルスでは佐藤瞳(3月世界ランキング12位・21歳)=ミキハウス=、早田ひな(同37位・18歳)=日本生命=、平野美宇(同9位・18歳)=日本生命=の3名が勝ち残っていたが、早田が勝ち抜き優勝。準決勝で平野に4-1で勝利すると、決勝では佐藤を破り勢いに乗る鄭怡静(同8位・27歳)=チャイニーズタイペイ=を4-1で下した。持ち味のサーブと力強い攻撃が光った。

早田は前月のポルトガルOPに続き、国際大会で連続優勝。この勢いを保ち、次戦カタールOPに臨む。

女子ダブルスでは大藤/芝田ペアが優勝

女子ダブルスでは、決勝で大藤沙月(同55位・14歳)=ミキハウスJSC=/芝田沙季(同14位・21歳)=ミキハウス=のペアが、佐藤瞳/橋本帆乃香(同25位・20歳)=ミキハウス=のペアを破り優勝。日本女子は単複で優勝するとともに、大藤がU21でも優勝しており、大会3冠を果たした。

女子シングルスの結果

<女子シングルス準決勝>
○早田ひな 4-1 平野美宇
11-6/11-7/10-12/11-8/11-5

○鄭怡静(チャイニーズタイペイ)4-2 佐藤瞳
11-8/11-8/9-11/11-7/13-15/11-8

<女子シングルス決勝>
○早田ひな 4-1 鄭怡静
11-3/11-5/7-11/11-9/11-8

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)