早田ひな、中国越えならず 塩見真希は大逆転で決定戦へ<卓球・豪州OP>

早田ひな、中国越えならず 塩見真希は大逆転で決定戦へ<卓球・豪州OP>

早田ひな"中国越え"ならず

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日〜7月14日>

9日、オーストラリアオープンが開幕し、本戦出場を目指し、多くの選手が予選から火花を散らした。

早田ひな(同39位・日本生命)は予選2回戦で、李佳?(リージャーイー・同139位・中国)と戦った。早田はこれで韓国オープンの予選から4試合連続で中国選手との対戦となった。

早田は1ゲーム目から積極的に攻めるが、バックハンドのミスが多く、なかなか得点につながらない。また、相手のサーブに対してレシーブが甘くなり、先手を取れずに、1,2ゲーム目を落としてしまう。

続く3ゲーム目では、早田が巻き込みサーブで相手を崩すと台上プレーで先手を取り、1ゲームを返す。4ゲーム目は互いにストップレシーブで相手に先手を取らせない戦術で試合は膠着状態になった。早田が4-7でタイムアウトを取り、6-7まで追い上げたところで、李がタイムアウト。タイムアウト明けは早田が待ちを外され、4ゲーム目を落とす。

後がなくなった5ゲーム目、早田は相手の強打を前陣で確実に捌き、李に台から距離を取らせることでラリー戦を制して1ゲームを奪う。しかし、最終ゲームは気を引き締めなおした李に振り切られ、2-4で敗れた。


写真:早田ひな(日本生命)は李佳?(中国)に本戦への道を阻まれた。/撮影:ラリーズ編集部

一方リー・ジオン(同131位・韓国)と対戦した塩見真希(同81位・ミキハウス)は、立ち位置を変えながら多彩なサーブを繰り出し、相手を翻弄した。回転量が多い相手のバックドライブに苦しめられたが、鉄壁のブロックで相手の隙を作り、フォアハンドの表ソフトラバーから繰り出すスマッシュで、ゲームカウント1-3からの大逆転勝利を収めた。

激戦を制した塩見は、大会2日目の10日に、早田を破った李佳?と本戦出場への切符を争う。

詳細スコア


写真:鉄壁のブロックで勝利した塩見真希(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

早田ひな 2-4 ○李佳?(中国)
4-11/5-11/11-7/7-11/11-9/7-11

○塩見真希 4-3 リー・ジオン(韓国)
8-11/11-9/7-11/8-11/15-13/11-9/11-4

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)