丹羽孝希、ジャパンOP準Vサウスポーに挑む<オーストラリアOP 3日目見どころ>

写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日〜7月14日>

10日は大会2日目となり、男女シングルスでは本戦出場をかけた予選3回戦と、男子ダブルスの予選が行われた。

男子シングルスでは、吉村真晴(同40位・名古屋ダイハツ)が、先日の韓国オープン3位の王楚欽(ワンチューチン・同71位・中国)に敗れ予選敗退となった。一方で吉村和弘(同50位・東京アート)、宇田幸矢(同99位・JOCエリートアカデミー/大原学園)、及川瑞基(同78位・専修大学)の3名は、苦しい試合を勝ち抜き、本戦出場のチャンスをつかみ取った。

女子シングルスでは、橋本帆乃香(同23位・ミキハウス)が2015年世界選手権3位の木子(ムズ・同405位・中国)にフルゲームまで迫ったものの敗れたほか、加藤美優(同22位・日本ペイントホールディングス)が銭天一(チェンティエンイ・同295位・中国)に、長ア美柚(同41位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が張薔(ジャンチャン・同232位・中国)に、塩見真希(同81位・ミキハウス)が李佳?(リージャーイー・同139位・中国)に、4名ともに中国選手に敗れた。

本戦への切符を掴んだのは、木原美悠(同66位・JOCエリートアカデミー)と松平志穂(同165位・日本ペイントマレッツ)となった。

大会3日目となる11日は、全種目で本戦がスタートする。

男子試合組み合わせと見どころ


写真:吉村和弘(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

<シングルス組み合わせ>

吉村和弘−パトリック・フランチスカ(ドイツ)
丹羽孝希−林ホ儒(チャイニーズタイペイ)
張本智和−王楚欽(中国)
水谷隼−ジョナサン・グロート(デンマーク)
及川瑞基−馬龍(中国)
宇田幸矢−ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)

男子シングルスの組み合わせは上記の通り。

特に注目の対戦カードは丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)−林ホ儒(リンインジュ・同16位・チャイニーズタイペイ)と、張本智和(同4位・木下グループ)−王楚欽だろう。

林ホ儒は、左利きで台上のチキータレシーブや前陣での鋭いカウンターを武器に、6月のジャパンオープンで準優勝を果たしたことは記憶に新しい。丹羽孝希とはプレースタイルが似ており、似た者同士の勝負はどちらに軍配が上がるのだろうか。前陣での高速ラリーが繰り広げられることが予想され、一瞬たりとも見逃せない。

張本智和は、先日の韓国オープンで惜しくも敗れた王楚欽との再戦。前回は先手を取れず、打ち急ぐ展開から失点が続いたものの、後半では我慢強いプレーで、相手のミスを誘う展開で2ゲームを奪った。今回は、リベンジなるか期待がかかる。


写真:戸上(野田学園高校)/宇田(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアは中国越えなるか/撮影:ラリーズ編集部

<ダブルス組み合わせ>

張本智和/丹羽孝希−パトリック・フランチスカ/リチャード・ワルザー(ドイツ)
戸上隼輔/宇田幸矢−林高遠/馬龍(中国)

一方ダブルスでは、難なく予選を勝ち抜いた戸上隼輔(同175位・野田学園高校)/宇田幸矢ペアが、いきなり中国の林高遠(リンガオユエン・同2位)/馬龍(マロン・同5位)と対戦。馬龍はダブルスでも最強の称号を持ち、2011年と2019年の世界選手権を優勝している。新進気鋭の戸上/宇田ペアが、持ち前の爆発力を活かしてどこまで中国ペアに食らいつけるか必見だ。

女子試合組み合わせと見どころ


写真:木原美悠(JOCエリートアカデミー)は石川佳純(全農)を破ることはできるか/撮影:ラリーズ編集部

<シングルス組み合わせ>

佐藤瞳−ニーナ・ミッテルハム(ドイツ)
石川佳純−木原美悠
松平志穂−ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
伊藤美誠−蘇慧音(中国香港)
平野美宇−銭天一(中国)
芝田沙季−李佳?(中国)

女子シングルスの組み合わせは上記の通り。

奇しくもジャパンオープン、韓国オープン、そして今大会と3大会連続で石川佳純(同6位・全農)と木原美悠の対戦が実現した。木原は3度目の正直で石川の壁を超えることができるか必見だ。

また、呉穎嵐(ウーインラン・同71位・中国香港)に劇的なリベンジを果たした松平志穂は、ヨーロッパの実力者・ベルナデッタ・スッチ(同19位・ルーマニア)と対戦。10日の好調を維持し、本戦2回戦へと駒を進めることができるか見逃せない。

加藤美優を下した銭天一と対戦するのは、平野美宇(同9位・日本生命)。平野はジャパンオープンではベスト4に入っており、韓国オープンでは陳夢(チェンムン・同1位・中国)に敗れたが、成長のきっかけをつかんでいるよう。今大会でも上位進出が期待される。着実に打倒中国の階段を上っており、この試合も必見だ。


写真:ジャパンオープンでの木原美悠(JOCエリートアカデミー・写真右)/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/提供:ittfworld

<ダブルス組み合わせ>

平野美宇/芝田沙季−ローラ・ガスニエ/ザリフ・オードリー(フランス)
木原美悠/長ア美柚−バラボラ・バラージョバー(スロバキア)/ハナ・マテロワ(チェコ)

木原美悠/長ア美柚のエリアカペアは、ワールドツアーでもコンスタントに好成績を残しているペアだ。韓国オープンにはエントリーしておらず、およそ1か月ぶりのワールドツアーとなるが、どんな試合を見せてくれるだろうか。

大会3日目も好試合が目白押し。日本勢の活躍に期待しよう。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)