水谷・伊藤の”みまじゅん”ペア、初優勝なるか<オーストラリアオープン5日目見どころ>

水谷・伊藤の”みまじゅん”ペア、初優勝なるか<オーストラリアオープン5日目見どころ>

水谷・伊藤の”みまじゅん”ペア、初優勝なるか<オーストラリアオープン5日目見どころ>の画像

写真:水谷隼(左・木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日〜7月14日>

7月12日はオーストラリアオープン4日目となり、男子シングルスベスト8、女子シングルスベスト4と男女ダブルス・ミックスダブルスの決勝戦の組み合わせが決定。

男子シングルスは日本選手が全員1回戦で敗退し、ベスト8に残ることが出来なかった。一方、女子シングルスは、石川佳純(7月世界ランキング6位・全農)が陳夢(チェンムン・同1位・中国)にセットカウント1-3から大逆転勝利を収めた。また、伊藤美誠(同7位・スターツ)は予選から準々決勝まで勝ち上がってきた李佳?(リージャーイー・同139位・中国)との接戦をものにし、準決勝へ駒を進めた。

シングルスベスト4まで勝ち残った2人は、5日目、7月13日の準決勝に登場する。

シングルス組み合わせと見どころ

女子シングルス準決勝

石川佳純−孫穎莎(中国)
伊藤美誠−丁寧(中国)

女子シングルスは、韓国オープンを制した陳夢をフルゲームの末破った石川佳純が孫穎莎(スンイーシャ・同11位・中国)と対戦。韓国オープンではフルゲームの末惜しくも苦杯をなめたが、今大会準決勝の舞台でリベンジし、決勝に勝ち進めるか。

また、伊藤美誠は李佳?を下し、韓国オープン準優勝の丁寧(ディンニン・同3位・中国)と対戦する。石川と共に中国の壁を打破し、決勝での日本人対決に期待したい。

男子シングルス準々決勝

パトリック・フランチスカ(ドイツ) – マティアス・ファルク(スウェーデン)
ヒューゴ・カルデラノ(ブラジル) – 許マ(中国)
王楚欽(中国) – 梁靖崑(中国)
馬龍(中国)- 林高遠(中国)

男子シングルスは日本人選手の試合はないが、準々決勝での注目カードを紹介する。

紹介するのは、樊振東(ファンジェンドン・同3位・中国)をゲームカウント4−2で破ったパトリック・フランチスカ(同17位・ドイツ)と世界選手権準優勝のマティアス・ファルク(同9位・スウェーデン)との対戦だ。このカードだけ唯一中国選手がいないカードであり、樊振東を倒して波に乗るフランチスカがファルクに対してどのような試合を展開するのか見ものである。

ダブルス決勝戦組み合わせ見どころ

男子ダブルス

鄭栄植/李尚洙(韓国)−林高遠/馬龍(中国)

女子ダブルス

陳夢/王曼c(中国)−田志希/梁夏銀(韓国)

混合ダブルス

水谷隼/伊藤美誠−黄鎮廷/杜凱?(中国香港)

男女ダブルスでは韓国オープンに引き続き、決勝戦は共に中国対韓国のカードに。韓国オープンでは中国勢に軍配が上がったが、今大会では韓国勢が中国の壁を破ることが出来るか必見だ。

混合ダブルスは、台湾ペアをストレートで破った“みまじゅん”ペアこと水谷・伊藤ペアが登場する。対戦するのは、韓国オープンで許マ(シュシン・同1位・中国)/劉詩?(リュウスーウェン・同2位・中国)ペアを破り優勝を果たした、中国香港の黄鎮廷(ウォンチュンティン・同18位)/杜凱?(ドーホイキン・同12位)ペアだ。このペアに勝って優勝し、東京五輪の混合ダブルス争いでアピールできるかが見どころだ。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)