石川佳純、雪辱ならずも価値あるベスト4<卓球・オーストラリアオープン>

石川佳純、雪辱ならずも価値あるベスト4<卓球・オーストラリアオープン>

石川佳純 完敗し雪辱ならず

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日〜7月14日>

大会5日目の13日、女子シングルス準決勝に石川佳純(7月世界ランキング6位・全農)が登場。石川は昨日、世界ランク1位の陳夢(チェンムン・中国)と準々決勝で対戦し、ゲームカウント4-3で破る金星をあげた。

準決勝は、中国の孫穎莎(スンイーシャ・同11位)との対戦となった。孫穎莎とは、先週の韓国オープンでフルゲームデュースで惜しくも敗れており、リベンジなるか注目が集まっていた。

石川は第1、第2ゲーム、孫穎莎のパワフルな両ハンドに押され、2ゲームを落とす。そして試合の鍵となった第3ゲーム、石川が低いトスのサーブで得点を重ね、先に10-5とゲームポイントを握る。しかしここから孫穎莎が反撃を見せ、怒涛の7連続ポイント。石川は10-12でこのゲームを逆転される。

第4ゲーム、9-9からお互いに長いラリーを制し、10-10のデュースへ。ここから孫穎莎の強力なフォアハンドが2連続で決まり、石川はゲームカウント0-4のストレート負けとなった。

石川は、孫穎莎にリベンジを果たすことはできなかったが、今大会、世界ランク1位の中国・陳夢を下し価値あるベスト4となった。

石川佳純 試合後のコメント


写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

3ゲーム目10-5、4ゲーム目6-1とリードしていたが、取れなかった。本当は2-2になっていてもいいはずだった。今日は出足リードできていたが、競った時サーブが甘くなってしまった。

前回はバックハンドを最後狙い撃ちにされていたので、今回はコースを変えていこうと思っていたが、最初クロスにいったボールをストレートに狙い撃ちにされてしまい、そこから自分のボールがだんだん甘くなってしまった。

詳細スコア

石川佳純 0-4 ○孫穎莎(中国)
3-11/7-11/10-12/10-12

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)