平野美宇「5点先取での戦いが勝敗の鍵」 T2ダイヤモンド初戦に意気込み

平野美宇「5点先取での戦いが勝敗の鍵」 T2ダイヤモンド初戦に意気込み

平野美宇「5点先取での戦いが勝敗の鍵」 T2ダイヤモンド初戦に意気込みの画像

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日〜7月21日>

17日、平野美宇(7月世界ランキング9位・日本生命)がT2ダイヤモンド2019マレーシアでの初戦に向け、意気込みを語った。

T2ダイヤモンドでは、デュースなしの1ゲーム11点先取や試合時間が24分を越えた場合1ゲーム5点先取など特殊ルールが制定されている。

平野も「24分を過ぎたら5点先取になる。ここはすごく大事なポイントだなと思う。5点というのはスタートダッシュなので、最初が大事になってくる。5点先取になったときにどういう戦いをするかが勝敗の鍵を握るなと思う。まず1回戦にしっかり準備して1回ずつ勝っていきたい」と5点先取になる24分以降をポイントにあげた。

平野は大会2日目の19日に初戦を迎える。対戦相手は、ロンドン五輪シングルス銅メダリストの馮天薇(フォンティエンウェイ・同13位・シンガポール)。今年6月の香港オープンでは平野が勝利しているが、今回特殊ルールの中、どのような試合になるのか注目が集まる。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)