水谷隼、石川佳純ら登場 1回戦突破なるか<T2ダイヤモンド・2日目見どころ>

水谷隼、石川佳純ら登場 1回戦突破なるか<T2ダイヤモンド・2日目見どころ>

水谷隼、石川佳純ら登場 1回戦突破なるか<T2ダイヤモンド・2日目見どころ>の画像

写真:オーストラリアオープンでの水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日〜7月21日>

18日、T2ダイヤモンド2019第1戦マレーシア大会が開幕。初日は男女シングルスの1回戦のうち半分の試合が行われ、日本からは3選手が出場した。

男子シングルスでは張本智和(7月世界ランキング4位・木下グループ)が黄鎮廷(ウォンチュンティン・同18位・中国香港)と対戦した。直近の韓国オープンでは4-2で勝利を収めていたが、今大会では回転量の多いドライブに押される展開も見られ、1セット5点先取となるFAST5に移行しても流れを変えることが出来ずに2-4で敗戦。大会1日目で早くも姿を消すこととなった。

一方女子シングルスは、伊藤美誠(同7位・スターツ)と加藤美優(同22位・日本ペイントホールディングス)の日本人選手同士の対戦が行われた。試合は加藤が3-1とリードする展開に。試合開始から24分が過ぎ、FAST5に移行すると一転して伊藤が優勢となりフルゲームまで追いつく。しかし、最終第7セットの4-4の場面で伊藤がレシーブをミスし、加藤に軍配が上がった。

ベスト8に残った加藤は20日に行われる準々決勝で陳夢(チェンムン・同1位・中国)と対戦する。

男子シングルス2日目見どころ

<男子シングルス1回戦>
林ホ儒(チャイニーズタイペイ) ? 水谷隼(日本)
樊振東(中国) ? カルデラノ(ブラジル)
丹羽孝希(日本) ? ファルク(スウェーデン)
梁靖崑(中国) ? フランチスカ(ドイツ)

2日目には、日本からは水谷隼(同13位・木下グループ)と丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)が出場する。

水谷は、林ホ儒(リンインジュ・同16位・チャイニーズタイペイ)と対戦する。林ホ儒は、6月のジャパンオープンでシングルス準優勝に輝き、急激に実力を付けている。一方、水谷は2017年に行われたT2 APAC(アジア太平洋リーグ)に出場しており、T2ダイヤモンドならではのルールも経験済み。そのアドバンテージを活かし上位に食い込めるか注目だ。

丹羽は、世界選手権準優勝のファルク(同9位・スウェーデン)と対戦が決まった。丹羽はジャパン、韓国、オーストラリアオープンと1回戦負けが続いており、なかなか上位進出を果たせていない。世界ランキングでも格上の相手との対戦になるが、T2の舞台を存分に活かし、五輪選考に重要な大会の初戦突破に期待したい。

女子シングルス2日目見どころ

<女子シングルス1回戦>
ハン・イン(ドイツ) ? 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
馮天薇(シンガポール) ? 平野美宇(日本)
スッチ(ルーマニア) ? 丁寧(中国)
朱雨玲(中国) ? 石川佳純(日本)

2日目は、石川佳純(同6位・全農)と平野美宇(同9位・日本生命)の2人の日本人選手が出場する。

石川は、朱雨玲(ジュユリン・同4位・中国)と対戦する。2人の対戦は昨年の韓国オープン以来だが、その時は朱雨玲が4-0で完勝している。オーストラリアオープンでは陳夢(チェンムン・同1位・中国)を倒すなど活躍を見せている石川が、朱雨玲をT2ダイヤモンドの舞台で攻略出来るか見ものである。

平野は馮天薇(フォンティエンウェイ・同13位・シンガポール)と対戦。6月の香港オープンでは4-1で完勝しているが、独特のルールのT2ダイヤモンドでも完勝できるか。同世代の伊藤美誠(同7位・スターツ)が1回戦で姿を消したこともあり、ここで勝ち進むことが出来れば東京五輪の代表争いに弾みが付くことだろう。今大会の活躍に期待が高まる。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)