平野美宇「気持ちを切り替えられなかった」 シンガポールエースに逆転負け<T2ダイヤモンド>

写真:/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日〜7月21日>

19日、T2ダイヤモンド2019マレーシアの女子シングルス1回戦に平野美宇(7月世界ランキング9位・日本生命)が登場。8月から開幕するTリーグに参加を表明している馮天薇(フォンティエンウェイ・同13位・シンガポール)と対戦した。

T2ダイヤモンドは、4ゲーム先取の7ゲーム制だが、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる点が通常のルールと異なる。試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取となる。また、勝ち上がれば高ポイントを獲得できるため、世界ランキングに大きな影響を持つ。

平野美宇 VS 馮天薇


写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

6月の香港オープンを含め何度も対戦経験がある2人。序盤から平野が打点の速い両ハンドの速攻を見せる。馮天薇も粘り強く追いすがったが、平野が要所でカウンターを放ち、馮を振り切り2ゲーム連取する。

しかし3ゲーム目に試合が大きく動いた。2ゲーム目までと同様に平野が速攻を畳みかけるが、馮がパワーで食い下がり、10-10になる。中盤までリードしていた平野はプレッシャーからかバックドライブのミスで3ゲーム目を落とすと、試合は5点先取のFAST5に移行。

4ゲーム目は平野は変則的なルールに焦りを見せ、対する馮は冷静に対応しゲームを奪取。勝負を振り出しに戻すと、経験で平野に勝る馮は積極的な攻めで、5ゲーム目を奪い、勝利に王手をかけた。迎えた6ゲーム目、平野は高い集中力で馮の勢いを断とうとしたが、馮のパワーの前に屈し、ゲームカウント2-4で敗れた。

試合後コメント


写真:平野美宇(日本生命)は悔しい敗戦/撮影:ラリーズ編集部

平野は試合後に「自分の中では有利な展開だったので、(相手コートにボールを)入れておけば勝てるかなという意識が抜けなくて、5点先取だと切り替える前に終わってしまった。3ゲーム目を落としたことが最後まで響いた。」と試合を振り返った。

さらに、「5点(先取)になったときに気持ちを切り替えられなかった。(T2は)初めてで試合形式も新しく、対応できなかったのが悔しい。」と悔しさをにじませた。

一方の馮天薇は「試合の序盤はサーブを上手く出せなかったが、3ゲーム目にしっかりと調整できた。2017年のT2 APACに参加した経験のおかげで、FAST5での試合を有利に進められたと思う。」と試合を振り返った。

詳細スコア


写真:経験で勝った馮天薇(シンガポール)/撮影:ラリーズ編集部

平野美宇 2-4 ○馮天薇(シンガポール)
11-8/11-9/10-11/4-5/3-5/4-5

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)