“ニッポンの食”で選手を支える 全農が卓球日本代表の食事環境をサポート

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

7月18日から21日まで、マレーシア・ジョホールバルで開催されたT2ダイヤモンド。全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)は、出場した石川佳純(7月世界ランキング6位・全農)をはじめ卓球日本代表選手への食事面のサポートを行った。

JA全農は2011年より「卓球日本代表」のオフィシャルスポンサーとして、国内で開催される主要な大会や国際大会に協賛している。さらに、“アスリートの活躍を『ニッポンの食』で支える。”のスローガンのもと、諸外国で開催される国際大会に出場する卓球日本代表選手への海外遠征時の食材提供も行っている


写真:海外遠征前にパックご飯などを受け取る(左から)小塩遥菜、長ア美柚、早田ひな/提供:JA全農


写真:食材を手に笑顔の(左から)戸上隼輔、吉村真晴、宇田幸矢、張本智和、吉村和弘/提供:JA全農

T2ダイヤモンドでも選手の食をサポート


写真:T2ダイヤモンド出場の日本代表選手へ贈呈した食材)/提供:JA全農

T2ダイヤモンドにおいてもJA全農は大会協賛をし、普段と異なる食事環境の海外でも「ご飯」や「味噌汁」といった日本人に馴染みのある食材を選手に提供。日本代表選手が最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートしていた。

T2ダイヤモンドで日本人選手最高の4位に入った加藤美優(同22位・日本ペイントホールディングス)は、「海外での慣れない食生活の中で、日本のご飯が食べられることはとても嬉しい。今回もおいしくいただきました」とコメントを寄せた。

JA全農は、今後より一層「アスリートの活躍」を応援していくため、以降の国際大会でも卓球日本代表へ食材だけでなく、現地での食事の提供も予定しているという。

香港オープンでも日本選手団を「ニッポンの食」で応援


写真:香港オープンの期間中、日本代表選手団へ毎日提供した日本産米を使用したおむすび/提供:JA全農

JA全農は、香港オープンでも焼き肉レストラン「純」に日本代表選手団を招待し、食の面から選手をサポートしていた。

アスリートにとって食は実力を発揮するために大事な要素1つ。海外遠征の多い卓球選手にとって心強い味方と言えるだろう。

落合成年(JA全農 広報・調査部長)コメント

アスリートは身体が資本です。健康な身体をつくるためには、「食」は何よりも欠かすことのできない要素です。

卓球日本代表選手は若い選手が多いですが、試合時間も不規則で現地での食事に苦労しています。

本会の海外ネットワークを活用し、日本代表の皆さんが遠征先でも食べ慣れた日本の食材を食べて厳しい戦いを乗り切り、よりよい成績を残す力の源としていただきたいと思っております。

日本代表の皆さまには、国産の農畜産物を日頃よりたくさん食べてパワーをつけていただき、また、海外でも普段通りのパフォーマンスを発揮できるよう、私たちはこれからも全農らしい、「ニッポンの食」を通じて応援してまいります。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)