岩渕・垣田組が準優勝<パラ卓球ジャパンオープン2019・団体戦>

岩渕・垣田組が準優勝<パラ卓球ジャパンオープン2019・団体戦>

Koyo Iwabuchi of Japan in action during Day 1 of 15th Slovenia Open - Thermana Lasko 2018 Table Tennis for the Disabled, on May 9, 2018, in Dvorana Tri Lilije, Lasko, Slovenia. Photo by Vid Ponikvar / Sportida

写真:2018年スロベニアオープンの岩渕幸洋(協和キリン)/提供:ittfworld

<ITTF PTT ジャパンオープン2019東京大会 2019年8月1日〜8月3日>

パラ卓球ジャパンオープン2019東京大会が、8月1日から8月3日まで開催された。2020年に東京パラ五輪を控える中、世界トップレベルの選手がしのぎを削った。

8月2日に行われた個人戦で、クラス10で優勝した垣田斉明(八代市役所)とクラス9で3位に入った岩渕幸洋(協和キリン)の2人で組んだ団体戦は、決勝で敗れたものの準優勝に輝いた。

岩渕は試合後、「ジャパンオープン個人戦3位団体戦2位でした。いつも応援してくださる方々の前で試合が出来たこと、本当に嬉しかったです。そして地元東京で出来る素晴らしさを実感することが出来ました。来年は最後まで勝っていられるようまた一から出直します。ありがとうございました!」と自身のSNSを更新。来年迎えるパラ五輪へ向けて決意を綴った。

日本人選手主な結果

男子の部

男子クラス4
準優勝:日本2(齊藤元希・玉津徹也)

男子クラス5
3位:日本/オランダ混成(中村亮太・VAN GRUNSVEN,Gerardus)

男子クラス7
3位:日本1(八木克勝・井上全悠)

男子クラス8
3位:日本1(立石アルファ裕一・宿野部拓海)

男子クラス10
準優勝:日本(岩渕幸洋・垣田斉明)

男子クラス11
準優勝:日本1(加藤耕也・竹守彪・高橋利也)
3位:日本2(宮内良・竹田隆・木川田優大)

女子の部

女子クラス8-10
準優勝:日本1(竹内望・工藤恭子)
3位:日本/ウクライナ混成(石河惠美・LYTOVCHENKO,Maryna・SHYNKAROVA,Iryna)

女子クラス11
準優勝:日本2(伊藤槙紀・櫨山七菜子)
3位:日本1(古川佳奈美・美遠さゆり)

解説:パラ卓球のルール

一般のルールとほとんど同じだが、障がいによって少し異なっている。
・車いすを使用する選手がサーブを打つ際、相手コートのサイドラインを横切るとレットとなり、サーブがやり直しになる。
・車いすの場合、打球する前にどちらかの手がテーブルに触れた場合は、相手に1ポイントが与えられる。
・立位の選手でクラッチ(杖)を使用している場合、クラッチは腕の延長と考えられ、クラッチが卓球台に触れると反則となる。

補足:パラ卓球11段階のクラス分け

パラ卓球は大きく「車いす」と「立位」の部に分かれ、それぞれ障がいの重さにより5段階のクラスが設けられている。(車いすがクラス1~5、立位がクラス6~10。障がいが軽くなるにつれ、クラスの数字が大きくなる)また知的障がいがクラス11として設けられている

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)