Tリーグ・T.T彩たま、卓球交流会開催 ジンタク、坂本監督が登場

写真:意気込みを語る坂本監督と神巧也/提供:株式会社明日香

7日、春日部市庄和児童センターにてTリーグ・T.T彩たまと株式会社明日香が、春日部市の“スポーツ振興”と “子育て支援”を掛け合わせた共同イベント『プロ卓球選手交流会』を開催した。イベントには、T.T彩たまから坂本竜介監督、神巧也が参加し、子どもたちは間近で見るプロ選手の魅力に目を輝かせた。

トークセッションでは、神が「常にライバルを設定することでその人に勝つために、どんな練習をすれば良いか、そのためにはどういう努力をすれば良いかを考えてきました。そのことこそが、困難を乗り越えるための大切な材料だった」とコメント。坂本監督は「子育てには正解はないけれど、子ども自身に自分で考えさせることを念頭に置いている。自分で考える力はスポーツでも生きていく上でも大事だと思う」とスポーツ指導者としての子育て論を語った。

卓球交流も行われ、「神による卓球の技のパフォーマンス」や、子どもたち参加型の「プロ卓球選手の本気のスマッシュ体験」や「選手vs子どもたちのラリー」など、迫力あるプロ卓球選手の魅力に子どもたちも大興奮し大きな盛り上がりを見せた。

また、神は子どもたちからの「負けた時にどのように立ち直りますか?」という質問に対し、「いつも勝ちたい気持ちが自分の中にあるから、負けてしまった時は次の試合に向けて頑張ろうという気持ちに変える。“負けて悔しいと思えることこそが次の試合への活力になる”」と回答。何度も敗北を乗り越え、トップ選手に上り詰めた神の言葉は重みと説得力にあふれていた。

来シーズンへの意気込み

神巧也
写真:神巧也/提供:株式会社明日香

イベント中、坂本監督と神は来シーズンへの意気込みを語った。

坂本監督
 プロスポーツは人気チームでなければいけない。皆様の身近な存在であり続け常に皆様から応援してもらえるよう、優勝しかない。

神巧也 
 優勝を目標に頑張る。僕は卓球で勝たないとご飯を食べられない。だから勝たないといけない。そのくらいチームの全員が必死に戦っているので、自然と迫力ある試合になると思います。子ども達の目標や憧れになれるように、そんな姿を見せられるように頑張りたいです。

8月末開幕のTリーグ2ndシーズンには、ピッチフォードや松平健太の加入など、チームを一新して臨むT.T彩たま。昨年は、3位と不本意な結果に沈み、今シーズンにかける思いは強いだろう。これから始まる新シーズンでの活躍に期待だ。

株式会社 明日香 会社概要

本社  :神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 天理ビル9F
代表者 :代表取締役 萩野 吉俗
事業内容:・保育室の設置・運営(院内保育室、企業内保育室、認可保育所)
     ・自治体と連携した子育て支援事業
      (児童館、放課後児童クラブ、子育て支援拠点、こども広場等の運営)
     ・保育に関わる人材の派遣・紹介(保育士・幼稚園教諭・看護師・栄養士など)
     ・居宅訪問型子育て支援(ベビー・キッズシッターサービス、家事代行サービス、自治体委託業務)
     ・臨時保育室の設置・運営(イベント時保育サービス)
     ・保育に関わる人材の教育(研修会、講演会、各種セミナーの開催)
     ・新規保育事業の開発及びコンサルティング

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)