張本・伊藤、準決勝は強敵と ツアー優勝へ正念場<卓球・ブルガリアオープン最終日見どころ>

写真:張本智和(木下グループ・写真左)と伊藤美誠(スターツ・写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン 2019年8月13日〜2019年8月18日>

17日、ブルガリアオープンは大会5日目を迎え、男女シングルスの準々決勝およびダブルス全種目の決勝が行われた。

大会5日目 日本男子結果総括

男子シングルスでは、張本智和(8月世界ランキング5位・木下グループ)が神巧也(同111位・T.T彩たま)のサーブに苦しみながらも、バックハンドで神を振り回して勝利し、準決勝進出を決めた。

また、ベスト8に勝ち残った水谷隼(同14位・木下グループ)は、クアドリ・アルナ(同22位・ナイジェリア)と対戦した。前回は2017年ワールドカップで対戦し、水谷がストレートで勝利しているが、今回はアルナの大砲のようなフォアドライブの前にフルゲームの末敗れた。

優勝への期待がかかる男子ダブルスは、宇田幸矢(同102位・JOCエリートアカデミー/大原学園)/吉村和弘(同43位・東京アート)ペアが、韓国の鄭栄植(チョンヨンシク・同23位)/李尚洙(イサンス・同18位)ペア相手に挑んだ。1ゲーム目を先取したが、経験値の差でその後3ゲームを連取された。しかし、初ペアリングでのワールドツアーで価値ある2位を勝ち取った。

大会5日目 日本女子結果総括

女子シングルスでは、石川佳純が競り合いながらも何卓佳(フーズオジャー・同19位・中国)に一歩及ばず、ストレートで敗退。伊藤美誠(同8位・スターツ)は于夢雨(ユモンユ・同47位・シンガポール)と対戦し、得意の巻き込みサーブと台上での多彩なレシーブで于夢雨を翻弄した。相手の強打に押されて1ゲームを落としたが、危なげなく準決勝進出を決めた。

女子ダブルスでは、平野美宇(同10位・日本生命)/芝田沙季(同20位・ミキハウス)ペアが中国の顧玉?(グーユーティン・同119位)/木子(ムズ・同219位)相手にチャンスを見出せずにストレートで敗れ、準優勝となった。

水谷・伊藤の混合ダブルスは見事優勝

混合ダブルスでは、水谷隼/伊藤美誠が、中国のカットマンペアを巧みなカット打ちで攻略し、見事優勝を果たした。五輪新種目に追加された混合ダブルスは各国も力を入れており、その中でも価値ある優勝となった。

大会最終日となる18日は、男女シングルスの準決勝・決勝が行われる。

男子準決勝 組み合わせと見どころ

水谷隼(木下グループ)
写真:惜しくも敗れた水谷隼(木下グループ)/提供:ittfworld

張本智和 − マルコス・フレイタス(ポルトガル)
クアドリ・アルナ(ナイジェリア) − 趙子豪(中国)

張本はマルコス・フレイタス(同24位・ポルトガル)と対戦。4月の世界選手権ではストレートで張本が初勝利を挙げている。

しかし、フレイタスは今大会予選から勝ち上がっており、丹羽孝希(同10位・スヴェンソン)をストレートで破っている。その後も強敵を破り、準々決勝では38歳の大ベテラン荘智淵(チュアンチーユエン・同36位・チャイニーズタイペイ)にフルゲームの末勝利し、長く続いた低迷期を脱したように見える。

張本にとっては、相性の悪い相手になるが、勝ち切って決勝への切符を掴むことができるか注目だ。

女子準決勝 組み合わせと見どころ

石川佳純(全農)
写真:何卓佳(中国)に一歩及ばなかった石川佳純(全農)/提供:ittfworld

何卓佳(中国) − 武楊(中国)
伊藤美誠 − 陳幸同(中国)

伊藤美誠は陳幸同(チェンシントン・同21位・中国)と対戦。通算では1勝2敗で分は良くないが、直近での対決は2018年のジャパンオープンぶりで、そこでは伊藤が逆転勝利している。

対中国の戦績をその後も積み上げてきた伊藤はどのような試合をするのか期待が高まる。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)