遊学館、2年連続決勝へ ツインエース活躍<卓球・インターハイ2019 女子学校対抗>

写真:相馬夢乃(遊学館)/撮影:ラリーズ編集部

<インターハイ2019 2019年8月16日〜8月20日>

18日、インターハイ3日目・女子学校対抗準決勝が行われ、萩光塩学院(山口)と遊学館(石川)が対戦した。

萩光塩学院は昨年に続き2度目のインターハイ出場。3回戦で武蔵野(東京)、準々決勝で全国選抜準優勝の桜丘(愛知)と強豪を連破し勝ち上がってきた。

一方、昨年準優勝の遊学館は、出雲、相馬のツインエースを擁し、今大会の優勝候補。昨年のインターハイ女子ダブルス優勝の出雲/相馬ダブルスは絶好調とまではいかないが、シングルスも含めた総合力で準決勝まで駒を進めている。

遊学館がツインエースの活躍で勝利

2台進行で行われた準決勝。遊学館は1番でエース出雲が多彩なサービスで完勝し、チームに勢いをつける。対する萩光塩学院も2番を奪い返し、勝負は団体戦の鍵を握るダブルスへ。

今大会苦戦気味であった出雲/相馬ペアだったが、この試合はしっかりと立て直し、ゲームカウント3-0のストレート勝ち。

4番シングルスでは、世界の舞台でも活躍している相馬が締め、ツインエースの活躍で遊学館が決勝進出を決めた。

勝利した遊学館は、19日の決勝で四天王寺(大阪)と対戦する。両校は昨年も決勝で対戦しており、その際は四天王寺が3-0で勝利し、大会6連覇を決めた。

出雲、相馬擁する遊学館がリベンジを果たし初優勝となるか、それとも四天王寺が大会7連覇を達成するのか。熱戦間違いなしの決勝戦に注目だ。

女子学校対抗準決勝

萩光塩学院
写真:萩光塩学院はベンチ一体となって戦うが及ばず/撮影:ラリーズ編集部

萩光塩学院(山口) 1-3 遊学館(石川)

西内 0-3 〇出雲
〇川本 3-1 泉田
川本/徳田 0-3 〇出雲/相馬
徳田 0-3 〇相馬

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)