愛工大名電、4連覇まであと1勝<卓球・インターハイ2019 男子学校対抗>

写真:谷垣佑真(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

<インターハイ2019 2019年8月16日〜8月20日>

18日はインターハイ3日目となり、男子学校対抗準決勝が行われた。準決勝では優勝候補筆頭の愛工大名電(愛知)が遊学館(石川)と対戦。

遊学館が一矢報いるも、名電が圧倒

1番で愛工大名電の篠塚が遊学館・天野に対して前陣でのキレのあるカウンターを浴びせ、2ゲームを連取した。リスクを負ったカウンターにミスが増え、3ゲーム目を落としてしまう。続く4ゲーム目、篠塚は堅実なプレーでゲームを奪い、ゲームカウント3-1で勝利した。

篠塚と同時進行で試合をしていた愛工大名電・曽根は、遊学館のカットマン・菊池と対戦。曽根は体格を生かしたパワードライブと回転量が非常に多いループドライブで緩急をつけて、菊池を圧倒。菊池に自分のペースを全く掴ませずに勝利した。

続くダブルスでは愛工大名電からは加山/曽根ペアが登場。対する遊学館は大野/吉田ペア。勢いに乗った愛工大名電が勝利するかと思われたが、遊学館が一矢報いた。大野/吉田は、台上プレーで愛工大名電を上回り、レシーブから先手を取る。さらに名電ペアに先手を取られても、前陣でコースを突いたブロックや鋭いカウンターで捌き切り、ラリーの主導権を制した。

悪い流れを断ち切りたい名電は4番に谷垣が出場。対する遊学館の選手は清野。谷垣は試合の序盤から大きな打ち合いに持ち込まず、前陣でのピッチの速いプレーを展開。清野のダイナミックなプレーに押される場面もあったが、ロングサーブなどでテンポを乱し、クレバーな戦いぶりで勝利を収めた。

男子学校対抗準決勝

遊学館
写真:遊学館はダブルスで1本返すも王者崩せず/撮影:ラリーズ編集部

愛工大名電(愛知) 3-1 遊学館(石川)

○篠塚 3-1 天野
○曽根 3-0 菊池
加山/曽根 0-3 ○大野/吉田
○谷垣 3-0 清野

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)