10年連続出場・明徳義塾などに特別表彰<卓球・インターハイ2019>

写真:高田/岡田(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

8月16日から8月20日にかけて全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)が行われている。

全国大会であるインターハイに出場するためには、各都道府県の「予選」という狭き門を通らなければならない。しかし毎年その狭き門を潜り抜け、インターハイの“常連校”となっている学校が存在する。

今回は令和初となるインターハイで行われた「出場記録」への特別表彰を紹介する。

特別表彰校

連続10年出場(男子)

 出雲北陵高等学校(島根県)

連続10年出場(女子)

 明徳義塾高等学校(高知県)
 桜の聖母学院高等学校(福島県)

通算30回出場(男子)

 近畿大学付属広島高等学校福山校(広島県)

通算40回出場(女子)

 武蔵野高等学校(東京都)

強豪校、明徳義塾

明徳義塾の手塚崚馬
写真:明徳義塾の手塚崚馬/撮影:ラリーズ編集部

上記の中でも、特に高知県の明徳義塾は強豪校として全国で名を馳せている。2019年のインターハイでも男女ともに出場しており、男子学校対抗ではベスト8、女子学校対抗はベスト4という結果を残した。またシングルスでも20日の最終日に多くの選手が名を連ねている。

長い歴史を誇るインターハイ、歴史ある記録をもつ学校にも注目してみてはいかがだろうか。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)