男子・愛工大名電、女子・四天王寺が優勝<第50回全国中学校卓球大会>

男子・愛工大名電、女子・四天王寺が優勝<第50回全国中学校卓球大会>

男子・愛工大名電、女子・四天王寺が優勝<第50回全国中学校卓球大会>の画像

写真:Rallys/画像:Rallys

<第50回全国中学校卓球大会 2019年8月20日〜8月23日>

8月16日~8月20日に行われたインターハイに続いて、全国中学校卓球大会が滋賀県・ウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)を舞台に開催されている。大会2日目の22日は団体戦の決勝トーナメントと個人戦の1、2回戦が行われた。

団体戦の決勝トーナメントは21日に行われた予選リーグを突破した13校が進出し、男子は愛工大名電、女子は四天王寺が優勝した。

男子団体戦 決勝トーナメント結果

男子は決勝トーナメント1回戦で5試合中3試合がラストまで回る白熱した試合となった。尾久八幡は前半2本ストレート負けを喫したもののダブルス、4番、5番とフルセットを制し大逆転勝ちを収めた。

1回戦屈指の好カードとなった去年の優勝校・中間東と優勝候補・愛工大名電の試合は、中間東がダブルスで一矢報いるも愛工大名電が3-1で勝利した。

準々決勝では優勝候補の愛工大名電、野田学園に加え、明徳義塾と安田学園が勝ち上がった。愛工大名電対明徳義塾、安田学園対野田学園の組み合わせとなった準決勝は、前半1-1からダブルスを押さえた野田学園と愛工大名電が決勝進出。

決勝では前半のシングルスで1本ずつ取り合い、鍵を握るダブルスは愛工大名電ペアがストレートで勝利した。勢いそのままに4番もストレート勝ちを収め、愛工大名電が去年の雪辱を果たし優勝を達成した。

1回戦

明徳義塾(高知) 3-2 実践学園(東京)
尾久八幡(東京) 3-2 上宮学園(大阪)
愛工大名電(愛知) 3-1 中間東(福岡)
明豊(大分) 3-2 新発田東(新潟)
野田学園(山口) 3-0 松戸第六(千葉)

準々決勝

明徳義塾(高知) 3-0 花巻(岩手)
愛工大名電(愛知) 3-0 尾久八幡(東京)
安田学園(東京) 3-2 明豊(大分)
野田学園(山口) 3-0 浜松修学舎(静岡)

準決勝

愛工大名電(愛知) 3-1 明徳義塾(高知)
野田学園(山口) 3-1 安田学園(東京)

決勝

愛工大名電(愛知) 3-1 野田学園(山口)
〇鈴木 3-0 徳田
 萩原 1-3 〇飯村
〇中村/菅沼 3-2 玉井/岩井田
〇吉山 3-0 芝

女子団体戦決勝トーナメント結果

決勝トーナメント1回戦は2強の四天王寺と貝塚第二が順当に勝ち上がった。一方で接戦となったのは横浜隼人対就実。横浜隼人は1−2と追い込まれた状態から4番、5番を取り接戦を制した。

準決勝には2強の四天王寺、貝塚第二に加え、1回戦の勢いそのままに勝利した横浜隼人、山陽女子との強豪校対決を制した明徳義塾が勝ち上がった。明徳義塾対四天王寺、貝塚第二対横浜隼人の組み合わせとなった準決勝はともに大阪勢がストレート勝ちを収めた。

決勝は大阪対決。昨年は大阪府大会、近畿大会、全中とすべて四天王寺が勝利し全中2連覇を達成したが、今年の大阪府大会、近畿大会では貝塚第二が勝利しており大会前から注目を浴びていた。

決勝では四天王寺のエース大藤が1番でストレート勝ちを収め、チームを勢いに乗せると2番では横井が貝塚第二のエース赤江を下す。ダブルスも取り、四天王寺が3連覇を果たした。貝塚第二は決勝まで1本も落とさず勝ち上がってきたが、大藤に勢いを止められ、赤江が敗れたのが大きく響いた。

1回戦

明徳義塾(高知) 3-0 長森(岐阜)
益田(島根) 3-1 武蔵野(東京)
四天王寺(大阪) 3-0 上北(青森)
貝塚第二(大阪) 3-0 日進(埼玉)
横浜隼人(神奈川) 3-2 就実(岡山)

準々決勝

明徳義塾(高知) 3-1 山陽女子(岡山)
四天王寺(大阪) 3-1 益田(島根)
貝塚第二(大阪) 3-0 宇土鶴城(熊本)
横浜隼人(神奈川) 3-1 浜松修学舎(静岡)

準決勝

四天王寺(大阪) 3-0 明徳義塾(高知)
貝塚第二(大阪) 3-0 横浜隼人(神奈川)

決勝

四天王寺(大阪) 3-0 貝塚第二(大阪) 
〇大藤 3-0 司
〇横井 3-1 赤江
〇栗山/兼吉 3-2 篠原/上澤

23日のスケジュールと見どころ

最終日の23日は個人戦の3回戦から決勝までが行われる。今日行われた個人戦1回戦と2回戦では男子女子共に大きな波乱は起こらず、シード選手が3回戦に駒を進めている。

男子の注目選手は団体決勝を戦った愛工大名電と野田学園がシードの多くを占める中、第2シードに位置する前出陸杜(東観)だ。中国式ペンホルダーで裏面打法を駆使する彼の卓球に注目だ。

女子の注目選手は昨年優勝を果たした大藤沙月(四天王寺)と2012年の佐藤瞳以来カットマンでの優勝を狙う小塩遥菜(稲付中)だ。どの選手が令和初の全中制覇を成し遂げるのか注目だ。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)