“みまじゅん”ベスト4進出 中国ペアを圧倒<卓球・チェコオープン>

“みまじゅん”ベスト4進出 中国ペアを圧倒<卓球・チェコオープン>

“みまじゅん”ベスト4進出 中国ペアを圧倒<卓球・チェコオープン>の画像

写真:水谷隼(木下グループ)と伊藤美誠(スターツ)は快勝でベスト4入り/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・チェコオープン 2019年8月20日〜8月25日>

23日、チェコオープンは大会4日目を迎え、混合ダブルス準々決勝が行われた。日本からは水谷隼(8月世界ランキング14位・木下グループ)/伊藤美誠(同8位・スターツ)こと“みまじゅん”ペアが登場し、中国の朱霖峰(ジュリンフォン・同517位)/何卓佳(フーズオジャー・同19位)と対戦した。何卓佳はブルガリアオープンでシングルス準優勝を飾った強敵で、激戦が予想されたが、3-0で日本ペアが勝利した。

水谷/伊藤 抜群のコンビネーションで勝利

試合は序盤から水谷が巧みな流しフリックで何卓佳のフォア側を抜き去るなど台上から日本ペアが先手を取る。返ってきたボールも伊藤が早い打点で強打を叩き込み、日本ペアが幸先よく1ゲーム目を奪う。

2ゲーム目は朱霖峰のYGサーブに対するレシーブに苦しんだが、相手のフォア側を強打で攻めてゲームを奪い、勝利に王手をかけた。続く3ゲーム目は、後がなくなった中国ペアが強気でプレーしてきたが、水谷/伊藤は落ち着いて対応し、勝利を掴んだ。

詳細スコア

○水谷隼/伊藤美誠 3-0 朱霖峰/何卓佳(中国)
11-8/11-9/11-7

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)