石川佳純、中国選手に勝利 ブルガリアOPの雪辱果たす<卓球・チェコオープン>

写真:ジャパンオープンの石川佳純(全農)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・チェコオープン 2019年8月20日〜8月25日>

大会5日目となる24日、女子シングルス準々決勝で、石川佳純(8月世界ランキング6位・全農)がブルガリアオープンで敗れている何卓佳(フーズオジャー・同19位・中国)と再戦。試合は石川佳純が4-1で何卓佳に勝利し、ブルガリアオープンでの雪辱を果たした。

石川がフォアハンドのキレで勝る

序盤から石川が強烈なフォアハンドで何卓佳を圧倒。何卓佳はバックハンドで応戦するも、石川が得意のフォアハンドで上回り、3ゲームを先取する。

第4ゲームは何卓佳が粘りのプレーで取り返すが、第5ゲームは石川がフォアハンドで攻め切り、ゲームカウント4-1で勝利を収めた。この試合、3球目の回り込みフォアハンドなど、石川のフォアハンドで攻める姿勢が光った。

石川は、平野美宇(同10位・日本生命)と劉?珊(リュウウェイシャン・同255位・中国)の勝者と準決勝で対決する。

詳細スコア

何卓佳
写真:何卓佳(中国)/提供:ittfworld

〇石川佳純 4-1 何卓佳(中国)
11-9/11-6/11-6/7-11/11-9

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)