水谷/伊藤、韓国若手ペアに惜敗 2大会連続Vならず<卓球・チェコオープン>

写真:水谷隼(木下グループ・写真左)と伊藤美誠(スターツ・写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・チェコオープン 2019年8月20日〜8月25日>

24日、ブルガリアオープン混合ダブルスの決勝で、水谷隼(8月世界ランキング14位・木下グループ)と伊藤美誠(同8位・スターツ)と韓国の趙大成(チョデソン・同200位)/申裕斌(シェンユービン・同124位)が対決した。試合は水谷/伊藤が幾度となくマッチポイントをしのいだが、あと一歩届かず、ゲームカウント2-3で韓国の若手ペアに敗戦した。

互いにマッチポイントを握る大熱戦に

試合は水谷/伊藤は経験から来る落ち着いたプレーで、趙大成/申裕斌は若さを活かした思い切りの良いプレーで、一進一退の大熱戦となった。

水谷/伊藤は第1ゲームを先取するも、第2、第3ゲームのデュースを制することができず、流れは韓国ペアへと渡ってしまう。

第4ゲームは水谷/伊藤が追い詰められながらも6度のマッチポイントをしのぐと、18-16でこのゲームを取り返し、勝負の行方は最終第5ゲームへともつれ込む。

最終ゲーム、10-9と水谷/伊藤がマッチポイントを握り返すが、韓国ペアに逆転され、水谷/伊藤は惜しくも2大会連続の優勝とはならなかった。優勝した韓国ペアは趙大成が16歳、申裕斌が15歳とかなり若く、これからのワールドツアーでの活躍にも注目だ。

詳細スコア

趙大成、申裕斌
写真:優勝した韓国の趙大成(写真左)と申裕斌(写真右)/提供:ittfworld

水谷隼/伊藤美誠 2-3 〇趙大成/申裕斌(韓国)
11-6/13-15/10-12/18-16/10-12

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)