Tリーグ、ビデオ判定導入へ 開幕戦とファイナルで試験運用

Tリーグ、ビデオ判定導入へ 開幕戦とファイナルで試験運用

Tリーグ、ビデオ判定導入へ 開幕戦とファイナルで試験運用の画像

写真:2ndシーズン開幕記者会見での松下チェアマン/撮影:ラリーズ編集部

27日、Tリーグが2ndシーズン男女開幕戦とプレーオフファイナルに、リプレイチャレンジ(ビデオ判定システム)を導入することを発表した。

リプレイチャレンジは、Tリーグの「イメージングテクノロジーパートナー」である、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社が提供する映像関連技術・システムにより運用される。サーブのレット判定用のカメラ1台とラリー中のエッジ、サイドボール判定用のカメラ4台の計5台が用いられる予定だ。

国内の卓球競技でビデオ判定が導入されるのは初めて。今まで卓球競技では審判による目視のみで判定が行われていたが、Tリーグではその常識が変わるかもしれない。

「ビデオ判定」といえば、4月に行われた世界選手権・女子ダブルス決勝で伊藤/早田ペアへの判定が物議をかもし、日本のメディアがこぞってこの問題を取り上げた時期があった。

現時点では開幕戦とプレーオフファイナルでの試験運用という形だが、3rdシーズンにも本格的な運用が期待される。

リプレイチャレンジ(ビデオ判定)詳細

●対象試合

男子開幕戦(2019年8月29日 木下マイスター東京vs岡山リベッツ @アリーナ立川立飛)
女子開幕戦(2019年8月30日 日本生命レッドエルフvs木下アビエル神奈川 @大阪府立体育館)

●ルール

(1)申立権者
リプレイチャレンジの申し立ては監督が行うこととし、監督からの申し立てがあった場合にのみビデオ判定を行う。

(2)申立の時機
対象となるラリーの終了後、両選手が次のサーブの構えに入るまでに申し立てなければならない。

(3)対象となるプレー
・サーブのレット ・ラリー中のエッジ、サイド

(4)申立回数
1マッチあたり各チーム1回。リプレイチャレンジの申し立てにより、審判のジャッジが覆った場合は1回とカウントしない

(5)ビデオ判定の実施
判定用ビデオ映像は、主審、副審が確認し、最後のジャッジは主審が行う。

(6)判定用カメラの取り扱い
ネットサポートに取り付けるカメラ含む機材は、ネットサポートの一部とする。
例:ボールがカメラに当たり、相手コートに入った場合はネットイン。
  選手の身体の一部がカメラに触れてしまった場合はミス。

●リプレイチャレンジ(ビデオ判定)の流れ

1.監督によるリプレイチャレンジの申し出。

2.審判が承諾
 対象プレーについてリプレイチャレンジの申し立てがあった場合、主審はこれを承諾する。
 対象プレー以外のプレーで申し立てがあった場合、主審はこれを却下する。

3.主審が@リプレイチャレンジがあった旨Aリプレイチャレンジがあったチーム名Bリプレイチャレンジの申し立てを行うことをアナウンスする。

4.リプレイチャレンジ中、選手はベンチに戻ることはできないリプレイチャレンジ中のアドバイスは禁止する。タオルの使用は可とする。

5.主審、副審が映像を確認する。Tリーグ競技部は必要な補助を行う。

6.判定の結果は、主審(またはTリーグ競技部)が会場に向けてアナウンスし、伝達する。

7.審判得点板付近に、使用回数を表示する。

8.試合再開

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)