【速報・Tリーグ】2季目開幕戦は岡山が先取 丹羽・張本ペア及ばず

写真:森薗政崇(左)と上田仁(岡山)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019-2020シーズン 8月29日(木) アリーナ立川立飛>

29日、卓球・ノジマTリーグ2季目となる2019-2020シーズンが開幕し、初代王者の木下マイスター東京(以下、KM東京)と、昨季2位の岡山リベッツ(以下、岡山)の対戦が始まった。開幕戦の行方を占う1番のダブルスは、岡山の上田仁/森薗政崇ペアが、KM東京の丹羽孝希/張本智和ペアをフルゲームで下す結果になった。

岡山の上田/森薗ペアが実力を発揮

森薗政崇(左)と上田仁(岡山)
写真:森薗政崇(左)と上田仁(岡山)/撮影:ラリーズ編集部

ついに開幕したノジマTリーグ2019-2020シーズン。最初のマッチには初代王者のKM東京からは丹羽/張本ペアが、対する岡山からは昨季ベストペア賞を受賞した上田/森薗ペアが出場した。

「ラブオール」のコールが響いた1本目、張本が得意のバックハンドで得点すると、会場からは大歓声があがった。これで勢いづいたKM東京ペアが、台上技術で主導権を握り第1ゲームのリードを奪う。

森薗の攻撃的なチキータレシーブで反撃するも、昨季ベストペア賞の岡山ペアはペースを掴めず。2ゲーム先取のダブルスにおいて重要な意味を持つ第1ゲームをKM東京ペアが11-5で奪った。

第2ゲームに入り、岡山ペアが本来の力を発揮し始める。ラリーになると分が悪いものの、巧みな台上技術で先手を奪った岡山ペアが11-9でゲームを取り返した。

Tリーグのルールでは各マッチの最終ゲームは6-6からスタートする。この勝負の第3ゲームの流れを掴んだのは岡山ペアだった。森薗のレシーブから2点連取すると、KM東京ペアはたまらずタイムアウト。このタイムアウトも虚しく、岡山ペアがこのゲームを奪い、森薗の雄叫びが会場に響いた。

続く2番では、水谷隼(KM東京)と吉村和弘(岡山)という2019年世界卓球代表同士がぶつかる。今季から採用になった新たなルールの中で、開幕戦はどのような戦いが繰り広げられるか注目だ。

スコア詳細

丹羽孝希(左)と張本智和(KM東京)
写真:丹羽孝希(左)と張本智和(KM東京)/撮影:ラリーズ編集部

KM東京 0-1 岡山
丹羽孝希/張本智和 1-2 ○上田仁/森薗政崇
11-5/9-11/7-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)