【速報・Tリーグ】全中国選手権優勝の侯英超、貴重な1勝 KM東京が王手

写真:侯英超(KM東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019-2020シーズン 8月29日(木) アリーナ立川立飛>

卓球・ノジマTリーグ2019-2020シーズン、木下マイスター東京(以下、KM東京)と岡山リベッツ(以下、岡山)による開幕戦は第3マッチに突入。勝負の分かれ目となるマッチであったが、侯英超(ホウエイチョウ・KM東京)が町飛鳥(岡山)を下し、KM東京が開幕戦勝利に王手をかけた。

ベテランカットマン侯英超が貴重な1点

侯英超
写真:侯英超(KM東京)/撮影:ラリーズ編集部

今年の全中国選手権チャンピオンに輝いたカットマンの侯英超に対して、町が安定感のあるカット打ちを見せる展開に。ドライブとツッツキを組み合わせ、的を絞らせなかった町が大事な第1ゲームを選手した。

第2ゲームは流れが一変し、侯英超が甘い球を見逃さないように。カットの変化と巧みな攻撃で得点を重ね、ゲームカウントを1-1のイーブンに戻した。第3ゲームに入っても侯英超のカットが冴え渡り、町はなかなか思うように攻撃をさせてもらえない。勢いに乗った侯がゲームを連取し勝利に王手をかけた。

何としても追いつきたい町は、切れ味鋭いYGサーブから思い切った攻撃に転じるが、強く攻撃すればするほど侯英超のカットの回転量が増すばかり。1980年生まれのベテランカットマン侯英超が第4ゲームも奪いきり、KM東京に貴重な1マッチをもたらした。

続く4番では、昨季個人成績トップの張本智和(KM東京)と第1マッチで躍動した森薗政崇(岡山)が対戦する。

スコア詳細

町飛鳥
写真:町飛鳥(岡山)/撮影:ラリーズ編集部

KM東京 2-1 岡山
丹羽孝希/張本智和 1-2 ○上田仁/森薗政崇
11-5/9-11/7-11

○水谷隼 3-0 吉村和弘
11-3/11-6/11-8

○侯英超 3-1 町飛鳥
6-11/11-7/11-8/11-7

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)