KM東京・丹羽 古巣琉球に勝利で恩返し<卓球・Tリーグ>

写真:丹羽孝希(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 8月31日(土)アリーナ立川立飛>

31日、ノジマTリーグで木下マイスター東京(以下、KM東京)と琉球アスティーダ(以下、琉球)が対戦した。会場には2,000人を超える観客が集まり、世界トップレベルの試合を盛り上げた。試合は水谷が敗戦を喫するも、3-1でKM東京が勝利した。

木下マイスター東京が開幕2連勝

1番のダブルスで、KM東京は開幕戦とペアを変え、水谷/大島ペアを起用。琉球は、前戦と同じ李/木造ペアで挑んだ。試合は、KM東京ペアが最後まで琉球ペアを圧倒し、2-0のストレートで勝利を収めた。
水谷隼/大島祐哉(木下マイスター東京)
写真:盤石の戦いで先陣を切った水谷/大島ペア(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

2番は、侯英超と荘智淵のベテラン対決。激しい攻防となったが、大事な3ゲーム目を逆転で取った侯英超が最後まで荘智淵を圧倒し3-1で勝利。

3番は、過去何度も対戦している水谷と朱世赫の試合。注目の一戦は朱世赫に軍配が上がった。各ゲーム終盤まで競るも要所で朱世赫が水谷を上回るプレーを見せた。

4番は、丹羽と陳建安の対戦。競るかに思われたこの一戦は意外にも、丹羽のストレート勝ちに終わった。陳建安もパワフルなドライブでラリーを展開したが、それ以上に丹羽のカウンターが冴えていた。1stシーズンは琉球に所属していた丹羽は、2ndシーズンシングルス初勝利を古巣琉球からあげ、チームを勝利に導いた。

スコア:KM東京 3-1 琉球アスティーダ

◯水谷隼/大島祐哉 2-0 李平/木造勇人
11-7/11-7

◯侯英超 3-1 荘智淵
10-11/11-5/11-10/11-4

水谷隼 1-3 ◯朱世赫
10-11/9-11/11-9/9-11

◯丹羽孝希 3-0 陳建安
11-9/11-8/11-8

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)