平野美宇ら、順当に勝ち上がり3回戦へ<アジア卓球選手権・女子単>

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:AP/アフロ

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

19日、アジア卓球選手権大会は大会5日目を迎え、女子シングルス・2回戦に平野美宇(9月世界ランキング9位・日本生命)、佐藤瞳(同19位・ミキハウス)、芝田沙季(同27位・ミキハウス)が登場した。

平野美宇はDael Emy Rose(フィリピン)と対戦。ゲームカウント3-0で圧勝し、3回戦へと駒を進めた。また佐藤瞳はMADURANGI Ishara(同471位・スリランカ)をストレートで破り、芝田沙季は鄭先知(ジェンシェンチー・同54位・チャイニーズタイペイ)を3-1で下した。

平野ら3人が3回戦進出

佐藤瞳(ミキハウス)
写真:佐藤瞳(ミキハウス)/提供:ittfworld

平野はシングルス初戦となるが、実力通りのプレーで相手を圧倒し、佐藤もカットの堅い守りで、相手の攻撃をシャットアウト。順当に勝ち上がっている。

また芝田沙季は団体戦にも出場していたチャイニーズタイペイの鄭先知相手に、1ゲーム目でスタートダッシュを切れずにゲームを先取される。しかしその後はしっかりと調整していき、3ゲームを連取すると、劉詩?(リュウスーウェン・同5位・中国)の待つ3回戦へと駒を進めた。

詳細スコア

〇平野美宇 3?0 Dael Emy Rose(フィリピン)
11-4/11-5/11-4

○芝田沙季 3-1 鄭先知(チャイニーズタイペイ)
8-11/11-7/11-3/11-9

○佐藤瞳 3-0 MADURANGI Ishara(スリランカ)
11-5/11-3/11-4

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)