芝田/佐藤ら、日本男女3組がメダル確定<アジア卓球選手権・ダブルス>

写真:芝田沙季(ミキハウス・写真左)・佐藤瞳(ミキハウス・写真右)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~9月22日>

19日、大会6日目を迎えたアジア卓球選手権では、男女ダブルス準々決勝が行われた。

日本からは、女子ダブルスに石川佳純(9月世界ランキング8位・全農)/平野美宇(同9位・日本生命)と芝田沙季(同27位・ミキハウス)/佐藤瞳(同19位・ミキハウス)ペア、男子ダブルスに吉村真晴(同60位・名古屋ダイハツ)/戸上隼輔(同142位・野田学園)が登場した。

女子ダブルス準々決勝では、石川/平野ペアと芝田/佐藤ペアのどちらも勝利し、銅メダル以上を確定させた。また男子ダブルスの吉村/戸上も勝利し、日本勢はダブルスのメダル3つを確定させた。

日本男女3組がメダル確定

戸上隼輔、吉村真晴
写真:戸上隼輔(野田学園・写真左)・吉村真晴(名古屋ダイハツ・写真右)/提供:ittfworld

準々決勝に進出した日本の男女3ペアは、全ペアが中国香港との対戦となった。

石川/平野は蘇慧音(スーワイヤムミニー・同31位)/ZHU Chengzhu(同113位)ペアと対戦。2度のデュースを制した石川/平野が3-0のストレートで勝利した。

芝田/佐藤ペアは杜凱栞(ドーホイキン・同11位)/李皓晴(リホチン・同37位)を3-1で下し、見事勝利を決めた。

また吉村真晴(同60位・名古屋ダイハツ)/戸上隼輔(同142位・野田学園)は中国香港のエースダブルス・黄鎮廷(ウォンチュンティン・同16位)/何鈞傑(フージュンジェ・同110位)と対戦。第1ゲームを13-15で奪われるも、その後3ゲームを連取し、逆転勝利を収めた。

勝利した日本男女3ペアは、準決勝に進出。準決勝は3ペアとも中国との対戦となり、決勝進出をかけた大一番となる。

詳細スコア

〇平野美宇/石川佳純 3-0 蘇慧音/ZHU Chengzhu(中国香港)
11-2/14-12/13-11

〇芝田沙季/佐藤瞳 3-1 杜凱栞/李皓晴(中国香港)
11-8/11-9/6-11/12-10

〇吉村真晴/戸上隼輔 3-1 黄鎮廷/何鈞傑(中国香港)
13-15/11-9/12-10/11-7

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)