張本智和、韓国選手破りメダル確定<アジア卓球選手権・男子単>

張本智和、韓国選手破りメダル確定<アジア卓球選手権・男子単>

韓国選手破り張本メダル確定

写真:リベンジマッチに挑む張本智和(木下グループ)/提供:AP/アフロ

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

9月20日、大会6日目を迎えたアジア卓球選手権大会では、男子シングルス準々決勝が行われた。日本男子唯一勝ち残った張本智和(9月世界ランキング5位・木下グループ)が登場し、鄭栄植(チョンヨンシク・同27位・韓国)と対戦。ゲームカウント3-0で張本に軍配があがり、メダルを確定させた。

張本がメダル確定 次戦団体戦のリベンジに挑む

男子シングルスの全ての試合を3-0で勝ち進んできた張本は、梁靖崑(リャンジンクン・同8位・中国)を破って勢いに乗る鄭栄植と対戦。

実力は互角と言える両者の試合は、1,2ゲーム目を爆発力で勝る張本が奪い、鄭栄植の調子を上げさせなかった。ゲームカウント2-0で迎えた3ゲーム目、6点リードする場面などもあり、張本が鄭栄植を全く寄せ付けずに勝利した。

メダルを確定させた張本は22日の準決勝で、団体戦で敗れている許マ(シュシン・同1位・中国)とのリベンジマッチに挑む

詳細スコア

鄭栄植(韓国)
写真:中国選手を破って勝ち上がった鄭栄植(韓国)/提供:ittfworld

〇張本智和 3?0 鄭栄植(韓国)
11-8/11-7/11-5

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)