張本智和、世界ランキング1位にリベンジなるか<アジア卓球選手権・最終日見どころ>

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日〜22日>

大会7日目を終えた9月21日は、個人戦5種目のうち3種目のチャンピオンが決定した。

男子ダブルスに勝ち残っていた吉村真晴(9月世界ランキング60位・名古屋ダイハツ)/戸上隼輔(同142位・野田学園)は、準決勝で2017年世界選手権優勝の樊振東(ファンジェンドン・同2位・中国)/許マ(シュシン・同1位・中国)と対戦。2ゲームを先制したもの、勝利の女神は中国ペアに微笑んだ。優勝は決勝で樊振東/許マを破った梁靖崑(リャンジンクン・同8位・中国)/林高遠(リンガオユエン・同4位・中国)となった。

混合ダブルスの優勝は世界選手権チャンピオンである許マ/劉詩?(リュウスーウェン・同5位・中国)となった。

団体戦と混合ダブルスで優勝している劉詩?は、その後3冠をかけて女子シングルスの決勝に臨んだが、新進気鋭の18歳・孫穎莎(スンインシャ・同6位・中国)に惜しくも敗れて準優勝となった。

大会最終日となる9月22日は、女子ダブルス準決勝・決勝と、男子シングルスの準決勝・決勝が行われる。

男子見どころ

許マ(中国)
写真:張本智和(木下グループ)に5連勝中の許マ(中国)/提供:ittfworld

男子シングルス 準決勝組み合わせ

張本智和 − 許マ(中国)
林高遠(中国) − 樊振東(中国)

男子シングルスのベスト4は張本智和(同5位・木下グループ)以外は中国主力選手となった。

張本は許マと対戦。国際大会では5戦全敗と、張本にとってはまさに天敵だ。今大会でも団体戦の準決勝で対戦しており、1ゲームを先取しながらも、そこから3ゲームを連取され敗れている。シングルスでリベンジなるか期待が高まる。

準決勝もう1試合は、林高遠VS樊振東の好カード。国際大会では5勝1敗と樊振東が勝ち越している。団体戦では起用がなかった林高遠は樊振東を破って、シングルスで存在感をアピールできるか注目だ。

女子見どころ

石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)
写真:石川佳純(全農・写真左)と平野美宇(日本生命・写真右)/提供:ittfworld

女子ダブルス 準決勝組み合わせ

平野美宇/石川佳純 − 陳夢/王曼c(中国)
芝田沙季/佐藤瞳 − 丁寧/朱雨玲(中国)

女子ダブルスの準決勝は日本対中国の構図となった。

平野美宇(同9位・日本生命)/石川佳純(同8位・全農)ペアは、陳夢(チェンムン・同1位)/王曼c(ワンマンユ・同4位)ペアと対決。中国ペアは両者とも威力のある両ハンドドライブが持ち味の選手だ。平野/石川ペアは中国選手相手にどのような試合を繰り広げるのか必見だ。

また芝田沙季(同27位・ミキハウス)/佐藤瞳(同19位・ミキハウス)ペアは、丁寧(ディンニン・同2位)/朱雨玲(ジュユリン・同3位)ペアと対戦する。カットマンの佐藤と、シェークドライブ型の芝田という変則的なペアが、中国ペアを相手にどういう化学反応を起こすか見逃せない。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)