張本智和、日本勢最高の銅メダル獲得<アジア卓球選手権・男子単>

写真:銅メダルとなった張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

22日、大会最終日を迎えたアジア卓球選手権では、男子シングルス準決勝が行われた。日本からは張本智和(9月世界ランキング5位・木下グループ)が登場し、中国の許マ(シュシン・同1位)と対決した。結果はゲームカウント3-0で許マが張本に勝利した。

張本は準決勝で敗れたものの、シングルスで日本勢最高のベスト4という結果を残し、自身初のアジア選手権シングルス銅メダル獲得となった。2017年大会で丹羽孝希(同11位・スヴェンソン)がシングルス3位に入賞しており、日本勢としては2大会連続のシングルス銅メダル獲得となった。

許マが持ち味を発揮

許マ
写真:許マ(中国)/提供:ittfworld

張本は今大会の団体準決勝で敗れている許マと対戦した。

試合は、第1ゲームから許マが持ち味を発揮し、強烈なフォアハンドで畳みかける。第2ゲームからは張本も食い下がるも、要所で許マにバックハンドカウンターを決められ、接戦となった第2、3ゲームをものにできなかった。

張本は、許マに団体戦のリベンジならずも、団体戦での銅メダルに続きシングルスでも銅メダルを獲得した。一方勝利した許マは、同日に行われる男子シングルス決勝へと駒を進めた。

詳細スコア

張本智和 0-3 〇許マ(中国)
4-11/9-11/9-11

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)