水谷隼、韓国・鄭栄植にリベンジなるか<卓球・スウェーデンオープン 3日目見どころ>

写真:チェコオープンでの水谷隼(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日〜10月6日>

大会2日目を終えた10月2日は、全種目で本戦へと出場する選手が決定した。

男子は宇田幸矢が金星

男子シングルスでは、宇田幸矢(同84位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が、2014年ジャパンオープン王者の于子洋(ユースーヤン・同115位・中国)をフルゲームで破る金星で本戦への切符を手にした。

その他にも森薗政崇(同62位・BOBSON)と神巧也(同92位・T.T彩たま)も予選を順当に勝ち上がり、決勝トーナメントへと駒を進めた。

女子は10名が本戦を戦う

一方女子では、早田ひな(同29位・日本生命)が、オランダの難敵相手に苦しみながらも予選を通過した。

また、森さくら(同65位・日本生命)、加藤美優(同25位・日本ペイントホールディングス)、芝田沙季(同27位・ミキハウス)、長ア美柚(同49位・JOCエリートアカデミー/大原学園)、橋本帆乃香(同36位・ミキハウス)、佐藤瞳(同19位・ミキハウス)らも予選を勝ち上がり、計7名が本戦に出場する。

大会3日目となる10月3日は、全種目の本戦1回戦が行われる。

男子1回戦 組み合わせと見どころ

森薗政崇(BOBSON)
写真:香港オープンでの森薗政崇(BOBSON)/提供:ittfworld

男子シングルス

張本智和 − ポール・ドリンコール(イングランド)
森薗政崇 − 黄鎮廷(中国香港)
宇田幸矢 − ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
丹羽孝希 − 神巧也
水谷隼 − 鄭栄植(韓国)

男子シングルスは1回戦から各国のエース級の選手との対戦となった。

中でも注目の対戦カードは、水谷隼(同13位・木下グループ)対韓国の鄭栄植(チョンヨンシク・同27位)だろう。2019年世界選手権を含め、国際大会では3勝3敗と互角の戦績だが、直近では水谷が3連敗している。9月は国際大会には参加せず、新たなプライベートコーチの下でじっくりと調整した水谷の姿は見逃せない。

また、森薗は中国香港のエース・黄鎮廷(ウォンチュンティン・同16位)と対戦。ともにTリーグで腕を磨く者同士だ。Tリーグ2ndシーズンでもすでに2度戦っており、1勝1敗となっている。国際大会では森薗が3勝2敗で勝ち越しているが、直近ではストレートで2連敗しており、今回も難しい試合となることが予想される。

女子1回戦 組み合わせと見どころ

平野美宇(日本生命)
写真:アジア選手権での平野美宇(日本生命)/提供:ittfworld

女子シングルス

森さくら − 陳夢(中国)
加藤美優 − 陳幸同(中国)
石川佳純 − 劉斐(中国)
長ア美柚 − 朱雨玲(中国)
平野美宇 − 早田ひな
佐藤瞳 − 伊藤美誠
芝田沙季 − 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

平野美宇/石川佳純 − BALAZOVA Barbora/マテロワ・ハナ(スロバキア・チェコ)
木原美悠/長ア美柚 − シャオ・ジェニ/ユ・フ(ポルトガル)

女子シングルスでは、長ア美柚が朱雨玲(ジュユリン・同3位・中国)と対戦。6月のジャパンオープンでは長アがゲームカウント4-1で朱雨玲に勝利している。中国主力選手を再び破ることはできるのか注目だ。

また、伊藤美誠(同7位・スターツ)が佐藤瞳(同19位・ミキハウス)と、平野美宇(同9位・日本生命)が早田ひな(同29位・日本生命)との同士討ちとなった。

特に平野美宇VS早田ひなは、3月のオマーンオープンの再戦となる。前回は早田が平野をゲームカウント4-1で下している。通算では5勝4敗で平野が勝ち越しているものの、平野はリベンジなるか期待だ。

混合ダブルス1回戦 組み合わせと見どころ

張本智和(木下グループ)、早田ひな(日本生命)
写真:張本智和(木下グループ・写真右)と早田ひな(日本生命・写真左)/提供:ittfworld

水谷隼/伊藤美誠 − 張禹珍/梁夏銀(韓国)
張本智和/早田ひな − 李尚洙/田志希(韓国)

混合ダブルスは2組とも韓国ペアとの対戦となった。

水谷隼/伊藤美誠(同7位・スターツ)は、張禹珍(ジャンウジン・同14位)/梁夏銀(ヤンハウン・同106位)と対戦。張禹珍はダブルスでもコンスタントに上位進出をするダブルス巧者。対する梁夏銀も、許マ(シュシン・同1位・中国)と組んだ混合ダブルスで、2015年世界選手権を制している。

ブルガリアオープン優勝の日本人ペアは、この難敵相手にどのような試合を展開するのだろうか。

6月のジャパンオープンで樊振東(ファンジェンドン・同2位・中国)と丁寧(ディンニン・同2位・中国)を破った張本智和(同5位・木下グループ)/早田ひなは、李尚洙(イサンス・同17位)/田志希(チョンジヒ・同20位)と対戦。

韓国ペアは、直近のアジア選手権大会で世界選手権金メダルペアの許マ/劉詩?(リュウスーウェン・同5位)をフルゲームまで追い詰めている。気鋭の張本/早田ペアはどこまで勝ち上がれるか必見だ。

文:ラリーズ編集部

関連記事(外部サイト)